Life in Ann Arbor, Michigan

lifeinmich.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 05日

Conquering Eastern USA -Memphis-

12/31-1/1
30日の早朝にアメフト友達二人に別れを告げ、1人でNew Orleansに残されました。Memphis行きのバスの時間は夜の8時だったので丸一日空き時間ができました。てことで友達に葉書書いたり、ミシシッピ川沿いで読書をしたり、カジノで無駄遣いをしたりしてNew Orleansでの最後のひと時を楽しみました。

夜行バス(Greyhound)はトロントに行った時に既に経験済みだったので特に目新しいことはありませんでしたが、やはり辛い。。。ま、一日分の宿代が浮くと考えれば大したことありません。Memphisに到着したのは朝の7時前。まだ外は結構暗くて人気もありませんでした。

実はNew Orleansの後に訪れることになっていたMemphisとCincinnatiについては何も下調べをしていなくて、現地で何をするか全く無計画でした。。。ミシガンへ北上する途中にたまたまある大都市だったからという理由だけで行くことを決めたものですから。そのため、この二つの都市については「現地に着いて何もやることがない」という事態に直面するリスクを背負っていました。ただメンフィスについては、New Orleansで会ったアメフト友達の1人が「地球の歩き方」を持っていたため、来る前にいろいろ観光スポットを調査することができてちょっと安心していました。今回改めて実感したんですけど「地球の歩き方」ってめちゃくちゃ便利ですね。特にレストラン特集の部分は日本人の味覚の視点で紹介をしてあるからかなり信頼できます。アメリカ来る前に一冊買っておけばよかったー。

ま、それはともかく、メンフィスに到着してからはまず二日前に予約したてのホテルに移動。余談ですが、メンフィスのホテルは事前調査不足のため、New Orleansに着くまで予約していませんでした。どうせ大した観光都市じゃないし、1人部屋だから前日でも当日でも一部屋くらいゲットできるだろうと楽観視していました。でもこれは非常に甘い見方でありました。29日にやっとやる気を出してダウンタウン周辺のホテルに電話攻撃を開始したのですが、どうやら年末年始の大混雑ため、どこも埋まっている。。。。仕方なくダウンタウンから少し離れたところのホテルをようやくゲットできました。でもバスが到着する駅はダウンタウンにあるし、交通手段は歩く以外はお金がかかるので出来る限り避けたかった自分としてはかなりがっかりしました。。。んで泊まることになったのはダウンタウンから車で20分くらいのところでElvisのマンションのすぐ隣にあるホテル。ご存知の人もいるかと思いますがメンフィスはElvisが音楽をレコーディングした都市として有名です。生まれはメンフィスと同じTennessee州にある違う場所らしいですが、メンフィスには彼が建てたマンションも存在していて、さらに彼にちなんで死後にElvis Presley Blvd. なる通りが作られたとのことです(オレが泊まったホテルもElvisのマンションもこの通りにあった)。

てことでタクシーでホテルまで移動して(20ドルもとられた 泣)チェックイン。バスであまり眠れなかったので部屋でしばし睡眠をとってから外出しました。まずはすぐ隣にあったElvisのマンションを見学。実際行ってみるとそこはElvis Worldみたいになっていて、Elvisの博物館や土産屋や映画館が出来ていて完全なるElvisマニア向けの娯楽施設と化していました。別にElvisにはあまり興味がなかったので外から適当にマンションを眺めて、その後は幸運にも発見したダウンタウンまでのFree Shuttleに乗ってダウンタウンに向かいました。

まずはBeale Streetというバーやレストランがたくさん並んでいる通りをちら見。New OrleansのBourbon Streetのミニ版って感じでした。てことでここでもBarをめぐりながらJazzやBluesを聞けるっぽかったです。ここはHistoric Entertainment Districtとして指定されているみたいです。

その後は国立公民権博物館へ。ここは個人的にメンフィスで一番見にいきたかったところなんですが、あのKing牧師がホテルで暗殺された現場がそのまま残されていて、その周囲のビルを使って公民権運動に関する展示が公開されていました。入場料9ドルと若干高めでしたが、音声案内機みたいなものがただで使えて、公民権運動の展示が時系列に配置されていてかなり詳しい説明も添えられていたのですごく勉強になりました。

次はRock n Soul Museumに行きました。ここではRockを中心とした音楽の歴史に関わる展示を見ることができました(ちなみにメンフィスはRock n Rollが生まれた地)。博物館や美術館を見るのは疲れるので、出来る限り博物館ニレンチャンは避けたかったのですが、今日は大晦日で明日は博物館が閉館していることが判明したので強引に行くことにしました。Free Shuttleの時間が決まっていて、この日最後のバスの出発時間が迫っていたのでなかなか思うようにじっくり見回れなかったので残念ですが、ここはスミソニアンの監修
で作った美術館というだけあって展示がしっかりしていたし、公民権博物館と同様、いろいろと勉強になりました。最初はElvisだけしか知らなかったけど、Jerry Lee LewisやJohnny CashといったRock誕生に貢献した人たちのことも知ることが出来ましたしね。

New Orleansにいたときも思ったのですが南部都市(特にミズーリ州、ケンタッキー州以南)は公民権運動、南北戦争、Black Music(JazzやRock n Rollの誕生に強い影響を与えた)などに強く関わっているので、北部の都市とは違ってさまざまな歴史の要素を実感することができました。

初日は大体この二つの博物館がメインですぐにホテルに戻りました。実はNew Orleansにいる頃から風邪を引いてしまったみたいで、この日は結構鼻水が出たりして辛かったこともあったので。てなわけで大晦日はホテルで1人のんびりとテレビを見ながら過ごしました。NYのTimes Squareカウントダウンが放映されていたので、そのときNYでカウントダウンを祝っていたケイスケやマサコやノブたちが写されないかなー、と無謀な思いを抱きつつテレビをぼーっと眺めていました。んでNYでの正月明けを見届けた後、ぐったりしていたのでメンフィスでの正月を迎えないまま眠りにつきました(注:メンフィスの方が一時間遅れているんです)。

メンフィス二日目は特にやることなし。まずチェックアウトして再びFree Shuttleを待つ。Elvisマニアが泊まっているホテル(これまたマンションのすぐ隣にあるホテルで本当にElvisマニア達が泊まれるように建てられたホテルらしいです)待ちぼうけ。なんか「今日は正月だからShuttleは走ってない」ということをホテルのおばちゃんに言われたので仕方なくバス移動に切り替えようと思ったら、また同じおばちゃんが車でバス停まで来てくれて「やっぱ走ってるみたい」と言われ、またまたホテルに戻ってShuttleを待ちに行った。騙されたとはいえ、わざわざ誤報を訂正しに来てくれたのでちょっぴり感謝でした。

ダウンタウンに着いてからはミシシッピ川沿岸まで歩いてMud Islandというメンフィスからすぐ近くに見える小さな島に侵入しようと思ったのですが休日だったためか、島への連絡通路が閉鎖されていました。。。やっぱ祝日だから人も少ないし店はほとんどやっていない。。。

昼頃からはたまたま空いていたショッピングモールに入って、Rose Bowlを見れる場所探しを始めました。またまたフットボール話で申し訳ないのですが、この日はミシガン大学のフットボールチームが出場するRose Bowlという試合がある日でした。アメリカのCollege Footballは仕組みがかなり複雑なので説明は省略しますが、Bowlゲームといってシーズン中に上位の成績を収めたチーム同士が対戦する試合が年末から年明けにかけて多数行われます。そしてミシガンもリーグ一位になったのでこのRose Bowlに出場することができるようになったわけです。

シーズン中にミシガンフリークとなってしまったオレはRose Bowlでミシガンをどうしても応援したかったので、ショッピングモールでなんとかテレビを探したわけです。もちろんBarに行けばいくらでも見れたのですが一人でBarに行くのもちょっと気が引けたし、お金がなかったのでただで見れるところを探したところ、ちょうどゲーセンの中のオープンなBarがあってそこで何も注文しなくても試合を見ることができました。そして結局そこで数時間観戦していました。相当いい試合だったので途中でかなり見入ってしまい大声を出したりして気まずいことをしてしまいました。。。ミシガンを応援しているやつなんてあそこにいたのだろうか?

結果は。。。なんと最後の最後でフィールドゴールを入れられて逆転負け・・・しかも一点差。。。まじ残念でした。。。相手が全米6位のチームだったとはいうものの(ミシガンは13位)、途中まで10点リードしてたし、かなりいいオフェンスをしていたのにー。超悔しくて暴れたくなりましたが、なにげにCincinnati行きのバスの時間が迫っていたので試合が終わったあとは素直にバスの駅に直行してとうとうメンフィスも去ることになりました。
[PR]

by kamakusa | 2005-01-05 06:14 | Travel


<< Conquering East...      Conquering East... >>