Life in Ann Arbor, Michigan

lifeinmich.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 11日

Classes for Winter 2005 Term

1/10
ようやく今学期の履修科目が決まりました。以下各科目を紹介したいと思います。

①Corporate Strategy and International Business 390
"Corporate Strategy"
やりました。こっちのBusiness Schoolの授業履修に成功いたしました。普通の学生であればBBA(Bachelor of Business Administration)プログラムに入るための条件があって、それが相当厳しいのですが(基本的に二年生以上でかなりの成績をとっていないと認められない)オレは交換留学生という地位を生かして事前に教授と連絡をとってなんとかお願いしてみたら見事履修を認められました。この授業は文字通り訳すと「企業戦略」で、「経営」にあたるのでしょうか。オレは東大でも一回経営の授業をとったことがあるので少しはなじみがある分野ですが、ビジネススクールでこの授業をとることによる最大のメリットは理論を学ぶだけでなく、ケーススタディーやプレゼンテーションを通して理論をいかにして適用するのかを学べる、という点にあると思います。この授業ではClass Projectなるものがあって、それはグループで特定の産業を分析し、それをもとに産業内の個々の企業が今後どういう戦略をとればいいのか、または今後の産業の方向性などを予測したりして、学期末にクラスのメンバー全員に対してプレゼンテーションを行うというものです。しかも教材はほとんどがHBS(Harvard Business School)で使用されているものっぽいです!履修している人はほとんどSeniorの学生っぽいのでついていけるかかなり不安ですが、逆に新しく学べることが満載だと思うので同時に楽しみでもあります。今学期のメイン科目です。

②Accounting 271
"Principles of Accounting I"
なんとこちらもB-Schoolの授業です。読めばわかるとおり、会計のクラスです。でもこちらのほうはBBAのプログラムに入っていなくても履修できる授業で、BBAプログラムの専攻を希望している学生(主に二年生対象)にとっての必修科目となっております。てことでB-School加入を目指している学生だらけ。財務諸表の読み方とか会計の仕組みはどうせ就職したら学ばないといけないだろうから今のうちに基本を学んでおいた方が有利だろう、ということで履修することにしました。ま、アメリカは日本と会計基準が違いますが、基本的なコンセプトや考え方はどの国においても共通することがあると思うのでためになるだろうと考えております。

③University Courses 245
"Global Interdependence"
こちらはシラバスなどを見ていたときはイマイチなにをする授業なのかわからなかったのですが、人間の歴史を通して国際的な相互依存やGlobalizationがいかに進み、その結果がどうなるのかについて学ぶ授業らしいです。相互依存といっても政治の問題に限らず、環境、文化、経済、国際組織、など非常に多岐に渡る切り口を通して今世界で起こっていることを見ていこうとするコースだと思われます。分野横断的なコースだけあっていろんな分野からのゲストスピーカーが講義をして、それを元にDiscussionやレポートを書くという感じです。オレがこの授業を履修しようと思った最大の動機はこの授業が学生に国際的なキャリアについて考えるようにデザインされているということを知ったからです。ま、まだ本格的に授業が始まってないので結構未知数なところはありますがとりあえず他にとりたい授業がないので今後に期待します。

④English Language Institute 334
"Speaking in Academic Contexts"
プレゼンテーションの訓練をするNon-Native English Speaker用の授業です。前からプレゼンの練習をしたかったと思っていたこと、そして東大で外国語の単位が足りなさ過ぎる(あと6単位。。。おそらくこの授業は英語の単位に振り替えられるであろう)ことが主な履修動機です。今日が最初の授業で、先生が「この授業はかなりタフだから用心するように」みたいなことを言ってて、履修している人がほとんど院生だったのでちょびっとひよりそうになりましたが、履修している学生の英語レベルがそこまで高くないことが判明し、オレでも十分ついていけるなーと思ったので取ることにしました。しかも先学期にも院生しかいない英語の授業をとっていてそれで成績がA+だったので自分の英語力にもっと自信を持ってもいいかなーと思ったので。

⑤English Language Institute 120
"Academic Writing for International Undergraduates"
こちらは純粋に外国語の単位をとりたいという理由だけでとりました。。。先学期既にもっとレベルの高いWritingのコースをとりましたしね。ま、こちらは前記のELI334とは違い、学部生用なのでInternational Studentの友達を作れたらなーというかすかな期待もあったりします。他の授業が重すぎるのでできればこの授業で楽をしようかと。最低12単位とらないといけないのでこの授業を抜くと必要単位数に満たないのです。。。


以上全部眺めてみるとオレの専攻が「国際関係論」とは決してわからないような内容となっておりますが、いいんです。今学期のテーマは「実用的な学問」。日本に帰って就活をやるときに役に立ちそうなB-Schoolの授業をメインに選んでみることにしました。ま、それ以前に就活をするのか否かという問題があって、実はまだ自分の中でクリアになっていないのですが、現時点での自分の考えによると日本で就活する可能性が高いのでとりあえずって感じで。てか就活しなくてもアメリカのビジネススクールの授業を受けるというチャンスをもらえるだけでも十分だと思います。とりあえず今の時期は一つの分野に絞らず、できる限り見聞を広めていろんな経験を積むほうがオレにとって大事なんです。

先学期と比べると結果的に取りたいと思っていた授業を全て取ることができそうなのでかなりうれしいです。上記5つの授業中、3つは先生に事前にお願いしてようやく履修できるようになったものなので、今学期を終えた後に、「頑張って事前に授業探しをした甲斐があった」と思えるようになればいいですね。でも絶対大変。。。。先学期より勉強時間が倍増しますね。。。ま、頑張ります。
[PR]

by kamakusa | 2005-01-11 15:56 | University Life


<< あいうえお作文      Seiko's Bir... >>