Life in Ann Arbor, Michigan

lifeinmich.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 22日

Trip to Mexico & LA -prologue-

4/30
この日はミシガンを出発する日。結局前日はパッキングをしたり友達とつるんだりしていたため、一時間しか睡眠をとれないまま翌日を迎えました。Eugeneは最初から徹夜をすると宣言していたのでオレが仮眠をとっている横でオンラインゲームに勤しんでいました。。。

仮眠をとったあとはEugeneと協力して部屋を掃除して大体出発の準備完了。その後、この日Nokが一日だけLAに遊びにいくということでケイスケ、Eugene、Maiとともに彼女をOxfordから見送ることにしました(結局Nokはこのあと一度AAに戻ってきていろいろ旅行をしてからBangkokに帰っていきました)。その後は寮のチェックアウトの手続きを済ませて、いよいよ出発時間に。

出発時間といえど、空港にに行く前にコウタとKenがオレを「味心」というおいしい日本食のレストランに連れて行ってくれることになっていました。だいぶ前のことですが、JSAのメンバーでMSUやEMUとバスケの試合をやったことがあるのですが、そのときにコウタがMVPをとって味心の割引券をもらっていたのです。てことで前々からコウタはバスケをやったメンバーを味心に連れて行ってくれると言い張っていたのですが、彼はオレが帰国する日にそれをやっと実行に移してくれました。

もともとは空港までのrideを車を持っているKenとコウタにお願いしたので、てっきり三人だけで行くものかと思いきや、当日はJSAでお世話になった友達が勢ぞろいで、わざわざオレの見送りのために集まってくれたみたいです。Kenとコウタ以外にはケイスケ、たみな、みやこ、みちえ、ゆうじ、ゆかさんが来てくれました。本当に本当にうれしくてオレは泣きそうになってしまいました。。。

振り返ってみると、留学期間中、オレは最初のほうは日本人とからむことにすごく抵抗を感じていてJSAの集まりに顔を出すのを意識的に避けていた面がありました。でも今考えるとオレはそれをすごく後悔しています。JSAには本当に魅力的な人が集まっていて、実際彼らと会ってみると短期間の付き合いではあったけれどもすごく仲良くなれて、これからもお世話になりそうな気がします。彼らの良いところは、みんなそれぞれが強い個性を持っていて一緒に話していて本当に楽しいということ。小さいときからアメリカで暮らしている人たちが大多数だったのでみんな普通の日本人とはちょっと違うところがあると思う。彼らと出会えて本当によかったと思っています。

結局味心は到着したら満席であえなく断念することになりました。。。しょうがなく味心の近くのDenny'sでAmerican Foodをみんなで食べることにしました。残念でしたがまー日本食は帰ったらいくらでも食えるのでまーいっか、と思いみんなとの最後の会話を楽しみつつ、食事をとりました。

飯を食ってからはみんなオレを空港まで送ってくれて最後のあいさつをしてお別れ。ここで改めて言うけど、見送りに来てくれたみんな、本当にありがとう!!!b0019470_12442451.jpg

この後はもう飛行機にのってMexico Cityに向かうのみ。一度DCでストップオーバーしてそこからMexico City入り。そういえば途中DCで、日本語がぺらぺらのメキシコ人家族に会ってびっくりしました。その家族は前に1年半ほど京都に住んでいたことがあるらしく、これから奥さんと子供の赤ちゃんだけがMexico Cityに向かうとのことでした。しかも赤ちゃんの名前は「アイコちゃん」!飛行機を待つ間いろんな会話で盛り上がってMexico Cityについたら奥さんが現地での連絡先を教えてくれるとのことだったのですが、残念ながらMexico Cityで飛行機に下りてからお互いはぐれてしまって連絡先を交換できず。。。まじ後悔。。。

でもとりあえず先に進むしかないので、既に予約してあったホテルの空港ピックアップサービスを利用してホテルに向かいました。ホテルは日本人が経営している宿で、実際入ってみるとなかなか清潔でおしゃれなところでした。部屋も一人部屋だったので大満足。これで一泊US12ドル。やすー。

初日はとりあえず何もせずゆっくり睡眠をとることにしました。いよいよ次の日から本格的に旅行開始です。
[PR]

by kamakusa | 2005-05-22 12:36 | Travel


<< Trip to Mexico ...      Trip to Mexico ... >>