Life in Ann Arbor, Michigan

lifeinmich.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 30日

Trip to Mexico & LA -Day 5 (Puebla & Cholula)-

5/5
b0019470_0404580.jpg
この日はPueblaという世界文化遺産に登録されている観光都市に向かうことにした(127、128)。ちなみにメキシコシティーと先日訪れたティオティワカン、ソチミルコも世界文化遺産に登録されているので今日で世界遺産4つ目!Pueblaはシティーから120キロほど離れているのでもちろんまた地下鉄までターミナルに行ってバスで向かうことに。そしてもちろんバス移動は既述の通り快適!

到着先のバスターミナルは中心部から結構離れていたので小さなバスに乗って中心部へ。これ以降こういう小さなバスに乗る機会が多くなっていきますが、実はこれで相当苦労しました。バスの目的地がわからなかったり、どこで降りたらいいのかわからなかったりすることがほとんどなので、なんとかスペ語で自分の行きたいところや降りたいところを運転手に伝える。この作業を経ることでなにげにスペイン語がかなり磨かれたと思います。まじです。やっぱ外国語を学ぶ一番の方法はそれを用いてネイティブの人と会話をすることだと思う。日本の英語教育がしょぼいのはこのことをもっと意識すれば改善できるはず。

話がずれました。。。中心部に到着してからはサントドミンゴ教会へ(130-136)。ここは内部の装飾がめちゃ豪華で感動しました。奥の方にあるロサリオ礼拝堂が閉まる直前に入れたので本当にラッキーでした。上の写真がそのロサリオ礼拝堂のマリア像の写真。超きれいでした。

教会見物のあとは中心部のZocalo(137)、市庁舎(138)、カテドラル(141、142)などを見学。Pueblaは(世界遺産としてしっかり管理されているせいでしょうが)非常にきれいな場所で、のんびりとした雰囲気がただよっていました。中心部を歩いていてとても心地よい気分になれました。

お昼時に近づいていたのでガイドブックに載っていたレストランに向かうことに。そして歩いていると何か人だかりができているのを発見。何だろうと近寄ってみるとなにやらパレードが催されている模様(144、146)。そう、この日は偶然にもPueblaの戦勝記念日で、パレードはおそらくその記念日をお祝いするイベントだったのでしょう。ちょっとラッキーな気分に。

そんなことをしているとレストランに到着する時間が遅れた。中は結構おしゃれ(147、148)。めちゃ腹が減っていたので、躊躇せずにPuebla名物とも言われているモーレ・ポブラーノを注文(149)。この料理は唐辛子、木の実、そしてなんとチョコレートを使ったモーレというソースを使って作られた鶏肉料理。すごく甘くて、でもちょっぴり辛味も感じる味で、今まで味わったことのない独特な味でした。最後のほうはちょっとソースの味が飽きてきたけど、総じてなかなかうまかったです。大満足。

飯を食ってからは近くに民芸品をたくさん売っている市場がたくさん並んでいる場所があったので、そこで店の見物(151、152)。荷物がかさばるのでお土産はあんま買う気がなかったのですが、メキシコの土産品って見ているだけで楽しいんです。くだらない置物とかがたくさんあるのですが、美術作品として見られる感じでおもしろかったです。市場では一応Camoteというサツマイモを練って作っためちゃくちゃ甘い郷土菓子をゲット。

結構夕方に近づいてきたので、このあとは次に行こうと考えていたPuebla郊外のCholulaとう町へ。再び小さなバスでターミナルへ戻ろうとするも途中で降りそびれる。。。でもなんとか運転手さんにターミナル近くの場所で降ろしてもらい到着。そこからまた違うバスに乗ってCholulaへ(153、154)。ちょっと雲行きが怪しかったけどまー気にしない。。。

Cholulaはトラチウアルテペトルという大きな神殿の遺跡があるのですが、アステカ時代はかなりの大都市だったとか。ちょっと面白いなーと思ったのはこの大きな遺跡の上に(神殿が丘を形成している)教会が建築されていたこと(156、159)。早速丘を登って教会のところまで行こうと思ったら案の定急に雨が降ってきた。。。萎 とりあえず丘の頂上まで行ってしばらく教会内で雨宿り。でも雨が一向にやまないので、開き直ってどしゃぶりの中、トラチウアルテペトルの見学に向かう。もう18時頃だったので遺跡が閉まってしまう前に入場しておきたかったのです。

入り口となっていた神殿の下の辺りには見学用の地下通路があったのですが(161、162)ここがまた迷路みたいで楽しかった。地下通路を通って外に出ると神殿前に遺跡が広がっていた。また遺跡か。。。と思いつつもせっかくなので一応見る(163-165)。この頃雨はもうやんでいました。そして遺跡見学を終え、そろそろバスターミナルに戻ろうとしたとき、急に丘の上の教会からにぎやかな音楽が聞こえてきたので何かと見てみると今回は地元住民が小さなパレードみたいなものをやりながら教会から道を下ってきました(168)。これも戦勝記念日つながりか?わからなかった。

さて、これでようやくCholula見学も終了。ここからはバスターミナルに戻って再びシティーへ。ホテルへの帰り道ではめちゃくちゃフレンドリーなメキシコ人にからまれたので、「お、これはスペ語訓練のチャンスだ!」と思って話していると、なんか「オレと一緒に寝ないかい?」的なジェスチャーをしてきた。。。え、ゲイですか???潔く首を振ってAdiosを言いました。でもまー悪い人ではなかったっぽいから許す。

夕食は昨日と同様、おばちゃんが頑張って料理をしている屋台でテイクアウトをすることに(170)。やっぱうまい!おばちゃんはオレが二日連続で来たことに気付いてくれたみたいで笑顔で受け答えをしてくれました。超うれしかった。ホテルに帰ってからは再び宿泊中のほかの旅行者といろんな話をして情報交換。この日は大体こんな感じで終了。
[PR]

by kamakusa | 2005-05-30 00:47 | Travel


<< Trip to Mexico ...      Trip to Mexico ... >>