Life in Ann Arbor, Michigan

lifeinmich.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Personal Thoughts( 23 )


2005年 02月 17日

Drinking Coffee is good!

I just found an interesting article on the website.
Japanese version

Basically, it says that coffee helps to prevent liver cancer. According to a research conducted by Japanese experts, they found that if you drink 5 cups a day, it reduces the incidence to a quarter of that for ppl who don't drink at all.

Wow, as a big coffee drinker (well, only since I've been to Michigan cuz it helps me stay awake when I need to do work, and because the price is much cheaper compared to the premium priced Japanese cafe coffees,,,), I had an impression that drinking too much was bad since coffee had a lot of caffein. At least, it doesn't taste so healthy... But now, I feel kind of relieved to hear that drinking coffee actually does good to you. Just looking back this week, I have been drinking at least a cup a day... Well, I might not be able to make 5 cups, since drinking too much doesn't do your stomach any good, but maybe I won't be having any liver cancer if I keep up this pace for now.

Speaking of coffee, I've actually been involved with studying about coffee in a couple of my classes, what a coincidence. First of all in my corporate strategy course, I have studied a case on Starbucks. We looked into the specialty coffee (retail) industry and examined the strategy of Starbucks. It was really interesting to see how Starbucks has dominated the industry by providing a "coffee experience" for customers. Well, I shouldn't go into the details...

I have also written a paper just this last weekend about the commodity of coffee. I wrote about how international trade of the commodity has developed and how it has effected the societies of developing countries. It was quite depressing to hear how the recent decrease in coffee prices has brought about a dramatic inequity between the farmers and the international firms based in developed countries...



Shoot, I was just gonna write about the article on liver cancer, but ended up saying a whole thing about these stuff on coffee... Well I guess I'm pretty bored...
[PR]

by kamakusa | 2005-02-17 08:49 | Personal Thoughts
2005年 02月 11日

Stress...

2/10
Another week of classes is over again... Can't believe how time is flying by these days... Only 2 months and a half to go.

Even though I got over the accounting exam last week and had a fulfilling superbowl weekend, I felt really stressed out this week. I just didn't feel like my usual self. I was so tired of doing all the assignments and readings that my concentration level was going down significantly. Maybe it was cuz I was forcing myself to do things when I didn't really feel like it. I realized the importance of doing things from free will.

And the fact that I am now faced with a presentation to do on Monday, a paper due on Tuesday, and contributions to the group project for the b-school course due Wednesday makes me feel worse as I get into the weekend... I just gotta get over these things.

At least, it wasn't just bad news this week. Guess what? I got a full score on my accounting exam:) I beat all the other pre-business students, hurray! I also got a very good feedback from my english teacher regarding my writing assignment. She told me that my writing and processing skills were beyond what was required for the course. Well, it was an obvious result since it was a 120 class consisted of mostly freshmen, non-native speakers, but it cheered me up and also helped me believe that my English skills were clearly improving since I got here in Michigan. It makes me think more and more that I want to write my dissertation in English at Todai...

Another cheering incident was that I met one girl who is coming to Todai as an exchange student from Michigan next semester. I heard from her that there were 3 students coming to the AIKOM program this time! I gotta be one of their tutors...

But the bottom line was,,, I was still feeling pretty bad...

Some things I did to alleviate the problem:
I went to the CCRB when I felt really bad yesterday doing too much work. Paradoxically, I try to exercise whenever I feel tired, but it really helps me feel energized and recharged. I also made "mabo-dofu" today and since it was too much to finish by myself, I invited Keisuke over to eat with me. It was a complete Japanese dinner (you can argue that it was chinese...). These things helped me get refreshed a bit.

I hope this weekend turns out enjoyable for me... I gotta stop being bothered by small problems and try to look what's ahead of me.
[PR]

by kamakusa | 2005-02-11 18:20 | Personal Thoughts
2005年 02月 02日

Where to for Spring Vacation?

2/1
とうとう二月になってしまいました。。。ただいま午前3時、今日のプレゼンの準備がようやく一通り終わりました(泣)。よく考えたらMontrealに向けて出発した日からまともに寝てない。。。

Montrealについては今時間が全然ないのでまた更新しますが、実は今2月下旬にやってくる春休みにどこに行こうかで結構迷っているのでそれについてちょっと。候補は以下の3箇所:

・トルコ(イスタンブル)→今のところ行きたい国の中でもトップに入るんですが、格安航空券が500ドル以下だったのでいけるかも、という希望が出てきました。

・メキシコ(メキシコシティー)→航空券が300ドル以下!安!!世界遺産一杯あるみたいなので遺跡系のものを見たいです。

・ロンドン→こちらも航空券が300ドル!安!!!てことでヨーロッパにも行きたいと考えている僕は惹かれています。でも物価高いし、ヨーロッパは大陸一周くらいしない限り1人旅するのには適してなさそうだからちょっと微妙かも。。。

あー今週辛いけど春休みのこと考えたらわくわくしてきた。
[PR]

by kamakusa | 2005-02-02 17:15 | Personal Thoughts
2005年 01月 14日

Difference Between Japanese and English

1/13
もうオレの一週間の授業が終わった。早すぎます。以前の投稿で大変な授業をたくさんとったと言いましたが実はそうでもないかもしれません。一つ一つの授業をこなしていくのは大変かもしれないけど全体で見るとそこまでではない。。。火、木が4コマ埋まっているだけで、月曜は2コマ、水曜はなんと1コマです。そして先学期と同様に金曜日はオフ。さらにさらに毎日授業が始まるのが朝10時以降♪これほど完璧にメリハリがあって過ごしやすいスケジュールを実現できたことに自分でもびっくりしています。勉強は大事だけど遊びも絶対大事。

それはされおき、今日はようやく模擬国連の情報収集に手をつけることにしました。というのもPositin Paperといって、(模擬)委員会で議論される各Topicに関して自分の国のとる基本スタンスを述べたレポートを今日までに作成しなければいけなかったからです。ご存知の通り、僕はケイスケとともに第三委員会のBhutan代表担当なのですが、夕方の6時頃に始めて二時間弱で完成させました。要領の悪い俺にとっては奇跡的に早かった。しかもオレはそれまでBhutan情報を一切理解していなかったのに。。。ま、ケイスケの素晴らしい情報検索能力のおかげもありますが。

もちろんそのPaperは英語で作成したのですが、今日はマッハスピードで英語をつらつらとタイピングしながら改めて英語と日本語の違いについてちょこっと思うことがありました(特にWritingとSpeakingに関して)。事前に断っておきますが僕は言語学者とかではなく、専門的なことを言っているわけではないので言語学の神様さんやチョム子さんあたりは厳しい突っ込みをしないでくださいね。


さて、オレが感じる大きな違いは「英語の方が、使う言葉や語順をうまくアレンジすることによって「飾り立て」ができ、それによって文の響きをかっこよくすることができる」ということだと思います。書き始めて、このことがいかに説明しづらいかがわかってきたのですが(爆)、なんとなくわかりませんか?

たぶんこういう違いが生まれる最大の原因は「英語には一つのことを表すために使用できる単語や語句が無数にある」点にあると思います。だからThesaurusなんてものが必要になってくるわけだし、それが日常的に使われている。日本にはThesaurusに代わるものがあるのだろうか?少なくともオレはそのようなものの存在を知らない。

だから英語では表現にVarietyを持たせることが可能だ。そしてそれがPresentationやレポートで効率的に使用されるとなんとなくかっこよく感じてしまう。普段の会話においてもこのことは成り立つと思う。

絶対もっといい例があるはずなのですが、今思いついた例を挙げてみると:友達に「忘れ物をした。待たなくてもいいから先に行ってて。」といわれたときにあなたが「いや、待ってるよ。」と言いたいシチュエーションがあるとします。こういうささいな場面でさえも英語にはいかにとりうる表現のバラエティーがあることか。
"No, I'll wait for you here",
"Nah, I'll just stay(stick, hangでもOK) around",
"Don't give a shit, I'll stay put",
"Hey, I'm not moving from here till you come back"
書こうと思えばもっともっと挙げることができますがホントいろいろありますよね。しかも"Don't worry, I have nothing to do today","Why should I leave you alone?","I know you don't want me to leave!",みたいに遠まわしの表現(最後の二つはちょっとくどいですが)がたくさん使えることも英語の便利な特徴ですね。

そこで上の例を日本語で考えてみる。
「いや、待ってるよ」、
「それはないよ、ここにいるよ」・・・
他にもバリエーションはあるかもしれませんが基本的に使われる動詞が著しく限定されていると思いませんか?オレは「待つ」と「いる」しか思いつかない。しかも日本語だと「なんで君を1人にさせないといけないの?」とか「君がオレに去って欲しくないことは知ってるんだよ」って遠回りな言い方を適用させようとするとなんとなくキモイ。。。英語ならそういう表現でも許せるのだ。

うーん。。。でもいい例ではない。もっと良いのないかな?でもポイントはわかりますよね?日本語の話を結構省略しているので論理的に成立する議論なのかははなはだ疑問ですが。。。

ま、最終的にオレの言いたかったことは・・・

「英語のほうが日本語より扱いやすいし、かっこよく自分の言いたいことを表現することができる」

ということでした。てことで卒論は英語で書くことに決めました!

それより卒論情報全く把握していないのですが国関の人誰かヘルプ。。。
[PR]

by kamakusa | 2005-01-14 16:24 | Personal Thoughts
2005年 01月 09日

あけました!

1/5
旅行から帰還し、休む間もなく授業が再開しました。。。今学期とることにした授業に関してはまだちょっと悩んでいるので全部決まってから改めて公表するということにして、まずは新年があけたので前の一年を振り返ると共に、今年の抱負を一言述べたいなーと思います。今更かよって思うかもしれませんが正月はメンフィスで孤独に過ごしたし、こっちの人たちはカウントダウンを除けば正月だからといって特別な祝い事をするわけではないので新年が明けたという実感がほとんどないのです。

去年を軽く振り返ってみると(某K澤さんの日記のぱくり)。。。記憶が定かではないところもありますが:

1月:AIESECのGlobal Villageの企画に追われる。ほぼそれで死亡。。。

2月:試験に追われる。前の年の12月にミシガンに派遣されることが決定したため、願書の準備やTOEFL受験などにとりかかる。バイトに勤しむ。

3月:アフリカ大陸(ガーナ)へ。AIESECの国際会議でしたが現地の学校に侵入して子供達とたわむれる、猛暑の中で山のぼりをする、など異文化体験満載だった。途中でイタリアを経由して一泊したため、南極大陸&南アメリカを除く大陸は制覇したことになる。

4月:新学期開始。学科の仲間とようやくからめるようになる。惰性ながらアイセックをもう一年(留学するから半期でしたが)続けることになる。企業へのテレアポにちょこっとだけ力を入れる。

5月:特に何もなし。国際法にはまる。勉強熱心になる。

6月:相変わらず学業&アイセック。。。月末に外国人研修生のお別れ旅行と題して福島まで旅行に行く。仲の良かった研修生たちと別れると言うこともありたぶん人生初めて素で号泣した(映画で泣くことなど一切ないくらい僕は感受性が乏しいのです)。

7月:留学準備を少しづつ開始。選考を通過し、某財団が提供している奨学金がもらえることになった♪月末にはお別れ会やら旅行のラッシュ。海に行きたかったので茨城と九十九里までドライブに行った。この頃は車乗りまくってた。

8月:21歳を迎えてしまう。。。東北一周旅行へ。NissanのMarchを借りて友達4人で行くことに。山形の竿灯祭り、青森のねぷたを見て感動。その後は岩手の三陸沖で美しい朝日を見て両親の実家の徳島へ直接向かうことに。徳島から帰ってきてからはとにかく準備&送別会(後者の方が時間をとりましたが。。。)。26日にミシガン到着。

9月:授業開始。こっちの生活に慣れてくるようになる。初めてミシガンのフットボールの試合を見にいき、感動する。

10月:勉強に追われる。シカゴ旅行へ。

11月:大統領選でブッシュが勝利し、ちょっと萎える。サンクスギビングを迎えるが特に大したことはせず。

12月:試験。年末の旅行へ。

てな感じです。振り返ってみると、一年間いろいろあわただしかったけど不思議に長く感じました。ま、それだけ充実してたってことですかね。

んで肝心の抱負ですがまだちょっと考え中、というか大したことが浮かび上がらないので今回は省略で。。。また更新します。
[PR]

by kamakusa | 2005-01-09 02:33 | Personal Thoughts
2004年 12月 10日

Staying Healthy?

12/8
授業も残り一週間を切りました。周りはもう期末試験モードで図書館やらパソコンルームはスペースがかなり埋まりだしてきました。

そんな中、僕はもやもやしていたので超久しぶりにCCRBに行ってきました。運動したのいつぶりだろう?前にフラッグフットボールやった以来だから一ヶ月ぶりくらい?いや、もっとかな。ま、とにかくいつも通りのメニューで、筋トレ→ランニングマシーンの順でやったのですが。。。


結果:
やばいです。。。なんか鏡で自分の体を見たら一回り体の大きさが縮んでいました(泣)これはちょっとおおげさですが、要は鏡に写っている自分の姿を見るだけで筋力が低下していることが明らかだったということです。いつもの重さでベンチプレス(マシーン)挙げようとしたら3セット持たなかった。。。重さは恥ずかしすぎるくらい軽いので秘密。その後15分完走をしたけどもうクタクタ。でもやはり運動はいいですね。気分が相当リフレッシュされて寒い中、無駄にテンションアップしました。

ただ問題はなぜこんなに体が一回りも小さくなっているのかということ。寮に帰っていろいろ考えたのですが、やはり最近の粗食生活のせいだということが判明しました(直感ですが)。その粗食生活をさらに細かく分析してみると以下の通りになるかと・・・

・毎日二食→日本にいたときも休みの日は二食が常でしたが、平日は毎日朝飯を欠かさず食べていた。でもこっちに来てからは通学時間が激減したせいか、授業の20分前くらいに起床するので、朝飯は当然食う暇なし。

・食事量少なし&間食多し→一応パスタ作ったり米を炊いたりして夜飯はまともに食べているつもりだけどおかず作るのめんどくさいので普段の食事だけでは成人男性に必要なカロリー数を確保できていないと思われます。でも不足分は間食でカバーしている。。。そりゃ間食したら筋力低下しますよね。。。

・肉不足→たんぱく質が極度に不足していることが大判明いたしました。アメリカにいるから肉を大量に食っていると思われるかもしれませんが、それは外食するときくらいです。最近は平日にはコーヒー代以外の飲食物にお金を使わないようにしていますしね。あ、一応三大栄養素の残りの炭水化物(米&パスタ)と脂肪(お菓子、、、え、ダメ?)は十分確保できているかと思います。



昨日おじいちゃんとおばあちゃんから心温かいメールをいただいた直後にこんなこと書くと余計心配されるのでカバーしておきますが、実際は上に記したほどひどくはありません。週末はよく外食しておいしいものをかなり大食いしていますし、別に餓死しそうとかそういうわけではないです。大体日記というものは書いている人の主観が支配する世界なので物事が誇張して記されることがよくあると思いますのであしからず。

ちなみに僕の母方のおじいちゃんとおばあちゃんは二人ともこの日記の常連読者です。。。いつもこんなに拙い言葉で書いているのに読んでいただけるなんて光栄です。それより恥ずかしい限りです。でも今週はちょっとオーバーワーク(ワーク=Study)で、少し過労気味だったのですが、二人からのメールをのおかげでかなりパワーアップしました。何度も繰り返しになりますが、他人の応援から元気をもらうのって気分がいいことですね。
[PR]

by kamakusa | 2004-12-10 15:44 | Personal Thoughts
2004年 11月 24日

Determination

11/23
TomorrowからはThanksgiving Breakでござる。といっても4日間しかないのですが。。。普段週末が三連休の僕にとっては特に目新しい出来事ではない気がします。。。

今日は無事ミシガンで初のプレゼンを終えました。といってもグループプレゼンだった&ダルダルの授業用のプレゼンだったのでほとんど時間を割きませんでしたが。。。毎度おなじみの国際政治のDiscussionなのですが、この授業はまじでだるい。今すぐにでもやめたいくらいつまらないです。。。

今回はオレ以外に同じクラスのメンバー二人と組んで、教科書のある部分についてグループでプレゼンをやるということになっていました。オレは早めに終わらせようと思って、早速イニシアチブをとってグループメンバーにメールを送りつけたのですが、どうも三人の予定が合わない。。。なんだかんだいって結局授業開始30分前に集まり、お互いに分担した部分を確認しあうだけ、ということになった。。。準備をほとんどしないままプレゼン突入という相当手抜きなことをやらかしました。ま、実際そこまで時間をかけなくてもできる内容だったので問題はなかったのですが。

ここまで大学の授業がつまらないと思ったのは初めてかもしれない。。。大学一年のときにとっていた物理科学のとかの授業の方がまだましだったかもしれない。。。科目自体が問題なのではなくて(だって国際政治は最も好きな科目のうちの一つですもの)、Discussionのクラスの進め方がおかしい。詳細は過去のblogをご覧あれ。気合を入れて抗議をしたいところだが、コストパフォーマンスが悪そうなのでやめておきます。

話は変わりますが、最近ちょっと物事が単調に進みすぎている傾向があるので自分の生き方についていろいろ試行錯誤しております。基本、行き当たりばったりで生きるのが好きなタイプなので最近読んだ「トムピーターズのサラリーマン大逆襲作戦-ブランド人になれ!-」(アイセックの先輩に勧められた本)に影響され、自分がやることをプロジェクトに見据えてみることにしてみました。

てことで今後、オレの中で遂行予定のプロジェクトは以下の通り:

【短期型(Thanksgiving Breakのうちに実行)】
●「Kitchen改革プロジェクト」→あまりにもRoomieたちのキッチンの扱い方がひどいので、一度しっかり掃除をするとともに、彼らに共同スペースの使い方についてオレの意見をぶちまけてみようと思います。

●「バスケNetwork形成プロジェクト(かつ同時に香港・台湾Network形成プロジェクト)」→最近仲良くなった香港人が毎週いろんな香港人&台湾人バスケをしているということを聞いたので彼らの輪の中に混ぜてもらうことにします。今までバスケはちょくちょくやっていたけど継続的にやってくれる友達が見つかっていなかったので調度よかったです。

●「ipod購買計画」→別にプロジェクトじゃないですけどね。。。gigabeatがぶっ壊れたのでやっぱipod買うことにします。こっちのipod率は半端ないくらい高いですから。Onlineでさくっと買うだけです。(といってもかなりの出費のためそれなりに勇気がいるのでプロジェクト入りしました。。。)

●「Birthday Partyプロジェクト」→別にオレだけの計画ではありませんが、友達の誕生日が今後二つも控えているので彼らの誕生日を祝うべく、いろんな企画を考えたいと思います。一応明日誕生日の友達のBirthday Partyは飲み会→わりとFormalなDinner→Clubbing?てな流れで企画を実行します。

【長期型(年末までに実行)】
●「住居移転計画」→Roomieが嫌いなわけではないのですが、やはり1人部屋が欲しい!ということで数人の友達と相談して本気で寮生活から脱出することを試みようかと思います。

●「Christmas, New Year's大旅行プロジェクト」→Thanksgivingは旅行しないことに決めたので、その分お金をためて年末の休みのときに大旅行に行くことにします。とりあえず国内でNYとニューオーリーンズに行くことはほぼ決定。その後はメキシコ、南米、トルコ、友達の友達がいるヨーロッパの国、のうちのどこかにしようかと考え中。時期が近づくに連れて航空券が高くなるのでこれは早めに考えないとやばいです。。。

以上。考え方ばぐってるかな?文句ある人はいつでもどうぞ。
[PR]

by kamakusa | 2004-11-24 17:00 | Personal Thoughts
2004年 11月 15日

In the face of what is called "Democracy"

この投稿は別に日記と関係ないです。ばたけやsatioたちの言っていることに関して。

戦争を防ぐことが重要だといっても、「アホな指導者たちが」それを意図していなければ(そして現在の国際政治の状況は実際そうなっていると思う)その実現は不可能に近いですよね。アメリカで政治を勉強していると「国益ってそもそも存在するのか?」ということを考えてしまう。だって現実においても、理論においても「一国の指導者はNational Welfareじゃなくて、Personal Welfareの実現を重視して政策を決定する」って風になってるんだもん。そしてそういった指導者達の政策がNational Welfareにかなっていなくても国民は「民主主義」という名の下で実施されているからと言って納得してしまう。

個人的にこれは非常に構造的な問題だと思うんですよね。要は「民主主義」というSystemの問題です。国民の大多数が国を代表する指導者を選んでその人に国の統治を委託する。これが果たしてNational Welfareを実現できる最善の方法なのか?という疑問が出てくると思います。たびたび引き合いにだしてしまって恐縮なんですが、Chomskyは「アメリカ(政府)がイラク戦争を遂行したのは国民の間のFearを増幅させ、テロとの戦争を正当化するためであった」と相当な自信を持って主張しています。

あと最近知ったんですがこんなPhraseも存在しております:
"Many forms of Government have been tried, and will be tried in this world of sin and woe. No one pretends that democracy is perfect or all-wise. Indeed, it has been said that democracy is the worst form of government except all those other forms that have been tried from time to time."
Sir Winston Churchill, Hansard, November 11, 1947

ま、こうした構造的な問題を打破するためには「アホな指導者を選んでしまった国民」がいかに行動を起すかにかかっているかと思うのですが。
[PR]

by kamakusa | 2004-11-15 09:08 | Personal Thoughts
2004年 11月 10日

Information

11/9
なんか要望が出ているので昨日話した南京のことについて一応書いておきます。昨日よりだいぶ書くモチベーションは低いけど(笑)

でも昨日のEugeneとオレの間で繰り広げられた南京の話はアジア科所属のくぼっちから見たら相当レベルが低いと思うのであえて話してもねー。。。なんか基礎知識を確認しあったみたいな感じだったから。でもあの穏健で超優しいEugeneまでもが「日本は何らかの形で南京で起きた事件に対してRespectを表したほうがいい。だって日本政府がそういうことをやったという話は聞いていないから」ということを言っていたのでびびった。オレが聞いた話によると、日本政府は腐るほど中国にぺこぺこ頭を下げているということだったのですが。。。あと歴史教科書の問題について話したときにもEugeneは「日本は南京大虐殺の内容を歴史の教科書から削ったらしいね」とも言っていた。え、そうだっけ?オレは逆だったと認識していたのですが?オレが間違ってるの?なんか混乱してきました。オレみたいに教養のない人にはイマイチ理解できないのでアジア科軍団に解説求む!

てかやっぱこういう話してると世の中に錯綜する「情報」についてすごく考えさせられますね。俺が昔知り合いだったパキスタン人は「Bin Ladenはアメリカが勝手に作り上げた架空の人物だ」と本気で主張していましたからね。おまけにChomskyの議論(少数の上層階級の人間によって情報統制が行われ、社会の多数の人がMarginalizeされることになる)を聞いてしまったあとにはどんな情報源を信頼していいのかさっぱりわからなくなってしまう。。。

だって例えばCNNのニュースで誰かが「Bin Ladenがやっと殺害された」といったところでオレはどうやってそれが真実であること(あるいは逆に嘘であること)を証明できましょうか?否、オレがBin Laden本人、あるいは殺害を実行した本人とかでない限りそれは不可だと思われます。
[PR]

by kamakusa | 2004-11-10 14:46 | Personal Thoughts
2004年 11月 07日

What did I come here for?

11/6
今日はおなじみの面子でTKWUという中華料理屋に行って夕食を済ませてまいりました。それまでは宿題に明け暮れる日。。。せっかくの土曜なのに。

でも夕食食べた後はトシとともにコウイチ(カズさんが紹介してくれた日本人ミシガン大生)が主催してくれた飲み会に参加。飲み会は日本人同士の交流を深めるという趣旨だったのですが、酒と交流を極度に求めていた僕は参加せざるを得ませんでした。ぶっちゃけあまり乗り気ではなかったのですが、実際行ってみると思わぬ出会いがいろいろとありました。

院生の方が二人ほどいらっしゃったのですが、そのうちの1人はなんとオレと同じ高校出身!その人は中学からアメリカに来ていて、今は企業に勤めていると同時にこっちのB-Schoolに通っているということでした。彼とは武蔵がいかにアホくさい学校であるかについて話して盛り上がっていました。話をしているだけでその方は相当優秀な方なんだろうな、と実感しました。さすがB-School!ま、いわゆる「武蔵っぽさ」をかなりかもし出しておりましたが。

もう1人の院生の方はEngineering専門で東大工学部でも学んだことがあるということだったのですが彼は僕に泡盛一気を挑んできました。。。僕が普通の人より比較的飲めることを気に入ってくれたみたいで、コウイチが日本に一時帰国したときに持ってきた泡盛を原酒で(!?)飲んでいました。オレも当然対決を挑まれたので原酒を飲まざるを得なかったのですが、え、泡盛って原酒で飲むもんじゃないべ?ロックとかじゃないの?飲もうとすると強烈なにおいが襲ってくるし、あの人絶対間違ってる。。。おかげで今は口の中が泡盛くさくてたまりません。でも久しぶりにいい感じに酔っ払いました。今までのビールとワインでの酔っ払い方より日本のお酒での酔っ払い方の方がなんか気持ちよい気がします。

今日集まったのは結局トシが途中で帰ってしまったことを考えると最後まで残っていたのが7人くらい。もちろん全員日本人だったのですがみんなオレ以上に英語能力が高い。。。てか全員高校以前にアメリカ(あるいは欧米圏)に来ていた人で、英語べらべらでした。たまに会話が英語に切り替わったりしていたのでオレは1人でちょっと引いていました。。。帰国子女だからといって調子こいていられんなーということをつくづく実感した。ある女の子(もちろん日本人)は「お前、日本語明らかに変だから!」と突っ込みたいくらい日本語が変でしたが(笑)。。。

More
[PR]

by kamakusa | 2004-11-07 18:46 | Personal Thoughts