Life in Ann Arbor, Michigan

lifeinmich.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2004年 11月 29日

Linkさせていただきました

11/28
やばいです。Thanksgiving調子こいて何もしないでダラダラしてたらいろんなことに追われてきました。。。これから猛ラッシュでプレゼン、レポート、奨学金レポート、宿題をそれぞれ完成しないと。。。明日一日でやってやります。それ以外にも来学期の授業登録を考えたり、旅行のこと考えたり、寮から移ることを考えたり、やりたいこと満載なのですが。。。

それはともかく、話は変わりますが、何人かの方々のblogのリンクをこちらに貼らせて頂きました。今までやり方がわからなくて手をつけていなかったのですが、今日たまたまひらめいてできるようになったので貴重な時間をかけて(そんなことやる時間あるなら勉強しろって感じですが。。。)リンクを貼りまくりました。一部無断で貼ってしまっている人もいるのですが、もし公開してほしくない、という人がいたらオレまでご一報願います。。。てかblogを書いている時点で「公開してほしくない」という考えは出てこないと思いますが一応。
[PR]

by kamakusa | 2004-11-29 17:58 | University Life
2004年 11月 27日

Am I making use of thanksgiving break?

11/26
おとといは友達の誕生会、昨日は寮の友達が料理をしてくれたので一緒に夕飯を食う、今日はThanksgiving明けのセールのためShoppingに行く。。。それくらいのことしかやっていません。なんか不毛な感じがしますが、やっぱ休みだからダラダラ過ごすのもありかな、と。

さらに今日はケイスケの部屋で久しぶりにかなり飲みました。ビール一本、ワイン少々、ジントニック一杯、日本酒二杯くらい飲みました。結構気持ちよく酔いましたがもうちょいいける!ミシガンで記憶なくすくらい酔ったことはないですが、やっぱケイスケとかマサコとか日本人の友達と飲むときが一番楽しい。そして日本酒うまい!!あと今日は味噌汁とお茶漬けを食べた。以上総合して「オレもやはり日本人だなー」、と強く実感した一日でした。(え、今更気付いてどうするんだよって??)

昨日四時間くらいしか寝てないのですが部屋に戻ってからは、渡米前にアイセックのメンバーからもらった写真兼寄せ書きを久しぶりに眺めていた。ちょっとやる気がでました。今更気付きましたがみんなすごくいいことを書いてくれています。応援してくれている人がいるってうれしいことですね・・・・感謝m(_ _)m
[PR]

by kamakusa | 2004-11-27 17:09 | University Life
2004年 11月 25日

The time has come on Thanksgiving Eve....

11/24
とうとうやってまいりました。

そう、雪が降りました!!今夜は友達と外ではしゃいで雪合戦のマネとかしていましたが、長期的に見ると全然うれしくありません。チャリはもう引退ですかね。。。
[PR]

by kamakusa | 2004-11-25 17:31 | University Life
2004年 11月 24日

Determination

11/23
TomorrowからはThanksgiving Breakでござる。といっても4日間しかないのですが。。。普段週末が三連休の僕にとっては特に目新しい出来事ではない気がします。。。

今日は無事ミシガンで初のプレゼンを終えました。といってもグループプレゼンだった&ダルダルの授業用のプレゼンだったのでほとんど時間を割きませんでしたが。。。毎度おなじみの国際政治のDiscussionなのですが、この授業はまじでだるい。今すぐにでもやめたいくらいつまらないです。。。

今回はオレ以外に同じクラスのメンバー二人と組んで、教科書のある部分についてグループでプレゼンをやるということになっていました。オレは早めに終わらせようと思って、早速イニシアチブをとってグループメンバーにメールを送りつけたのですが、どうも三人の予定が合わない。。。なんだかんだいって結局授業開始30分前に集まり、お互いに分担した部分を確認しあうだけ、ということになった。。。準備をほとんどしないままプレゼン突入という相当手抜きなことをやらかしました。ま、実際そこまで時間をかけなくてもできる内容だったので問題はなかったのですが。

ここまで大学の授業がつまらないと思ったのは初めてかもしれない。。。大学一年のときにとっていた物理科学のとかの授業の方がまだましだったかもしれない。。。科目自体が問題なのではなくて(だって国際政治は最も好きな科目のうちの一つですもの)、Discussionのクラスの進め方がおかしい。詳細は過去のblogをご覧あれ。気合を入れて抗議をしたいところだが、コストパフォーマンスが悪そうなのでやめておきます。

話は変わりますが、最近ちょっと物事が単調に進みすぎている傾向があるので自分の生き方についていろいろ試行錯誤しております。基本、行き当たりばったりで生きるのが好きなタイプなので最近読んだ「トムピーターズのサラリーマン大逆襲作戦-ブランド人になれ!-」(アイセックの先輩に勧められた本)に影響され、自分がやることをプロジェクトに見据えてみることにしてみました。

てことで今後、オレの中で遂行予定のプロジェクトは以下の通り:

【短期型(Thanksgiving Breakのうちに実行)】
●「Kitchen改革プロジェクト」→あまりにもRoomieたちのキッチンの扱い方がひどいので、一度しっかり掃除をするとともに、彼らに共同スペースの使い方についてオレの意見をぶちまけてみようと思います。

●「バスケNetwork形成プロジェクト(かつ同時に香港・台湾Network形成プロジェクト)」→最近仲良くなった香港人が毎週いろんな香港人&台湾人バスケをしているということを聞いたので彼らの輪の中に混ぜてもらうことにします。今までバスケはちょくちょくやっていたけど継続的にやってくれる友達が見つかっていなかったので調度よかったです。

●「ipod購買計画」→別にプロジェクトじゃないですけどね。。。gigabeatがぶっ壊れたのでやっぱipod買うことにします。こっちのipod率は半端ないくらい高いですから。Onlineでさくっと買うだけです。(といってもかなりの出費のためそれなりに勇気がいるのでプロジェクト入りしました。。。)

●「Birthday Partyプロジェクト」→別にオレだけの計画ではありませんが、友達の誕生日が今後二つも控えているので彼らの誕生日を祝うべく、いろんな企画を考えたいと思います。一応明日誕生日の友達のBirthday Partyは飲み会→わりとFormalなDinner→Clubbing?てな流れで企画を実行します。

【長期型(年末までに実行)】
●「住居移転計画」→Roomieが嫌いなわけではないのですが、やはり1人部屋が欲しい!ということで数人の友達と相談して本気で寮生活から脱出することを試みようかと思います。

●「Christmas, New Year's大旅行プロジェクト」→Thanksgivingは旅行しないことに決めたので、その分お金をためて年末の休みのときに大旅行に行くことにします。とりあえず国内でNYとニューオーリーンズに行くことはほぼ決定。その後はメキシコ、南米、トルコ、友達の友達がいるヨーロッパの国、のうちのどこかにしようかと考え中。時期が近づくに連れて航空券が高くなるのでこれは早めに考えないとやばいです。。。

以上。考え方ばぐってるかな?文句ある人はいつでもどうぞ。
[PR]

by kamakusa | 2004-11-24 17:00 | Personal Thoughts
2004年 11月 23日

Hiking trip to Pickney

11/20&21
二日間かけて大学からちょこっと離れたところへ合計28キロのハイキングに行って来ました。

20日:
起床。集合場所へ。食い物二日分、服、テント、寝袋を全部超重いリュックに詰めてハイキング出発。以下出発前の様子↓
b0019470_1617082.jpg
メンバーは実は知っている人がほとんどでした。NSW大学(Australia)からの短期留学生の友達二人、ノブ、同じ寮に住んでいる香港人のRyanは既に知っていた人で、初対面の人は香港人のKimmy、オランダからインターンをしに来ていたJorich、ハイキング主催者のGarret。合計8人で旅を共にすることになりました。今回ハイキングをすることになっていたコースはマウンテンバイク用のコースともなっていて、かつHunting Seasonのため狩猟対象エリアにもなっているところ(おい、あぶねーよ・・・)でした。ハイキングといっても険しい山を登って下るわけではなく、たくさんの池が散在しているFlatな地を巡るという感じでした。出発してからはとにかく歩く。天気が曇りだった(ちょっと雨っぽかった)&周りの木が完全に落葉を終えていたので景色が全然よくない。。。最初はちょっと鬱になった。でも体力はあったので久々の運動を1人で楽しんでいました。b0019470_16301463.jpg

でちょっとびびったのは、現在ミシガンはHunting Seasonなので大量の人が銃をかかえて、通り行く鹿を狙っていたこと。かなり至近距離から銃の音声が聞こえたときは帰りたくなりました。。。しかもオレが共にしていたループは誰も蛍光色の服を着ていなかったので(普通は身に付けないといけないらしい)一回Huntingをしていたおばさんに「蛍光服持ってない君らは打たれても知らないよ」みたいなことを言われ、超むかつきました。お前が打たれろって思いました(過激すぎる?)

16キロくらい歩いた末にようやくキャンプ場に到着。足が棒になっていました。疲れを癒したい気持ちを抑えつつ、頑張ってテントたてて、火をおこしました。そしてようやく夜ご飯を食べてリラックスできる時間になる。といっても夜ご飯は持参してきたDried Food(クラッカーとかパンとか)とカップ麺くらいでしたがね。。。そして予想通りお酒なし。おかしい。。。ま、でも適当に話して過ごす。オランダ人のJorichがかなり話しやすくていいやつでした。オランダは「世界で最も合法的な国だ」と主張し(事実そうでしょうが)、「どうせ薬なんてみんなやってるんだから規制しても意味がない」と言っていました(笑)Garretもオレが考える典型的アメリカンとは違ってかなり親切な人だった。一回日本にも来たことがあるらしく、日本語も結構知ってました。今回の面子はみんなかなり話しやすい人たちばかり。メンバーが楽しければハイキングは辛くてもなんとかなるものです。

でも夜は暗すぎてまともに行動ができなかった。。。オレが持っていった新品の懐中電灯は使い始めて10分くらいで消え始めたし。そして夜は寒すぎてあんまよく寝れませんでした。凍え死ぬかと思いました。でもまーいい経験になったのかな??
キャンプ場の様子↓
b0019470_16313684.jpg

21日
朝あまり眠れなかったため、早めに起床。朝ごはんを食べて、記念撮影をしてから残り12キロ弱を歩く。この日はアップダウンがありすぎて、かつ昨日の疲れがかなりたまっていたから死にそうになった。でもやっとゴール。
ゴール地点で適当にくつろぎ、その後はアメリカンレストランでステーキとコーラをたらふく食らう。まともな飯にありつけたので超感動した。このときのご飯がコロッケだったら(内輪ネタですいません。。。コロッケ大好きなんです)感動のあまり死亡していたでしょう。

さらにその後は寮に戻ってThanksgiving Dinnerをただで食わせてもらう。七面鳥とマッシュドポテトとスタッフィングとグレービー、といういかにも典型的なThanksgiving Dinnerでした。二食続けてAmerica文化体感できましたが超腹いっぱい。

明日は絶対起きれない自信がある。。。
宿題とプレゼンの準備まだやってないんですが(泣)

※ハイキングの残りの集合写真↓
b0019470_16413747.jpg

b0019470_1642599.jpg

[PR]

by kamakusa | 2004-11-23 16:41 | Travel
2004年 11月 23日

恐るべきHaircut

11/19
この日は金曜なのでいつも通り休日。そこで次の日からOvernight Hikingに行くことになっていたこともあったので、そろそろ伸びすぎてうざったくなってきていた髪の毛を切ることにしました。

でもこの判断を下すまでにはかなりの勇気が必要でした。帰国子女の方ならわかっていただけると思いますが、アメリカの床屋は基本的にカスです。。。大体、男が美容院に行くという考え方がありません。僕が昔マサチューセッツに住んでいた頃は韓国人の床屋の人に切ってもらっていたのですが、それでもあまりいい印象を持った覚えがありません。しかもアメリカ人男性の髪型を見るとよくわかると思いますが、もみ上げをさっぱり切ってしまっている人が多いです。アジア人的にはもみ上げをなくすとかなりださくなると思いませんか?アメリカ人は比較的髪の色が薄くて目立たないから平気なんだろうけど。。。てなわけでこっちの床屋に行くと、もみ上げをばっさり切り落とされたり、超ダサい角刈りにされる恐れがあるのです。Haircutに対する悩みはこっちに住んでいる日本人女性に関しても同じようです。アメリカ人女性は前髪が完全になくなっている子が多く、日本人の理想的な髪型とかみ合わないことため、日本人女性も美容院に行くのが怖いらしいです。

僕は留学前からこの床屋事情について結構心配していたので、出発前は髪の毛を相当短く切って参りました。そしてできる限りこっちでは髪を切るのを避けたいところでしたが、さすがに普段からかなり短めに髪の毛を保ちたがる僕にとっては三ヶ月伸びっぱなしにしたらもう限界でした。。。


でも幸い、同じ英語の授業を受けている官僚様(公正取引委員会)にヒアリングをしたところ、キャンパス付近で働いている日本人美容師さんを紹介していただいたので、今日はそこに行くことにしましたヽ( ´ー`)ノ
(オチがなくてごめんなさい。。。だって角刈りとか嫌だもん)

ま、日本人美容師といってもその人の実力は定かではなかったので、まだ怖かったです。。実際予約して行ってみると、かなりイケメンのお兄さんが待ち構えていました。8歳のときからミシガンに住んでいるらしくて今はこっちで普通に働いているみたい。なんでもない話題で結構盛り上がり、カットの時間を楽しめました。んで結果は。。。。。。。。。。。


こんな感じになりました↓
b0019470_15594639.jpg
一応最悪の結果は免れたので満足。ケンタさん(美容師さんの名前)ありがとうございました!

夜はEugeneとノブと一緒に明日のハイキングのための買出しをし、その後他の友達と合流してタイレストランでDinnerを食らう。あいにくの雨で買物は大変でしたが(こういうときほど車が欲しいと思うことはない。。。)タイ料理はかなりうまくて大満足でした。

さて、明日はHikingだー。え、でもここ二日間ほとんど寝てないんですが。。。。
[PR]

by kamakusa | 2004-11-23 15:59 | University Life
2004年 11月 19日

Hiking?

11/19
b0019470_158473.jpg
先週から続いていた試験ラッシュがようやく今日で終了しました。先週受けたミクロは108/125(受けたその日にオンラインでスコアが通知されるシステムなのです!)でしたが今日受けた統計はもっと点をとれた自信があります。ま、とにかくひと段落してほっとしてます。

特に書くネタはないのですが、今週末はミシガンのPinckneyというところに行って二日かけてハイキングしてきます。そうですOvernight Hikingです。なんでそんなことをすることになったのかよくわからないのですが。。。Australia人の友達が所属している団体がこのイベントを主催しているらしく、その子から急にお誘いが来たので特に週末に予定がなかった僕は当惑しつつ、承諾することになりました。でもいろんなInternational Studentが参加するっぽいので、一応それなりに期待しております。唯一の問題がこのクソ寒い中でテントで一夜を過ごすこと&夜はお酒が飲めないっぽいということ。いや、二日間ハイキングをするほどストイックなことをするくらいだからお酒はあるはずでしょう。。。と期待したいですがね。だって夜とか何をするんですか?イマイチ詳細を確認しないまま参加することになったのでちょっぴり不安です。

あと最近はMichiganのバスケの試合をよく見にいっています。まだ本シーズンは開幕していないのですが(明日が開幕戦)既にPre-Seasonの試合を三試合も見ました。シーズンチケットがあると平日でも試合があって見にいけるから、勉強しすぎて疲れた後に見にいったりするとすごく気分が盛り上がります。友達とともに三人隣り合わせのチケットを確保したのですが、昨日は友達が二人とも来れなくて1人で見にいくはめに。でも僕はバスケFreakなので1人でも全然楽しめました。というか1人のほうが一つ一つのプレイをじっくり見て勝手に分析できるので結構楽しいかもしれません。昨日はESPNで試合放映してたしね。一部のバスケマニアにしかわからないと思いますがNIT Tournamentの試合です(いや、たぶん日本のマニアでもわからんな。。。)。簡単に言うとシーズンとは関係ない小さな大会のようなものです。んで昨日は二回戦だったのですが見事快勝でした。フットボールにはかなわないけど、それなりに強いかもね。あとこれもフットボールに全然かなわないけど応援が超盛り上がってて良いです。ほぼ毎週NCAA DivisionIのバスケの試合が見れるなんてかなりHappyです。もっと自分でもバスケプレイしろよって話ですがね。。。

上の写真がバスケチームの本拠地、Chrisler Arena。ここもなかなか立派でしょ?頭上に見える得点ボード(巨大スクリーン付き)はいくらくらいお金かかってるんだろうか??
[PR]

by kamakusa | 2004-11-19 15:03 | University Life
2004年 11月 17日

Chatting on MSN is inefficient...

11/16
今日はうんこみたいに勉強しました。

こんな感じで東大で同じ学科の人がよく使用している表現を使ってみたりするわけで。でもよく考えたら別におかしくありません。英語で直訳してみるとI studied like shit today.
ね?オレのEnglish的感覚から聞いたら全く不自然ではありません。

3時くらいから来週のGroupプレゼンの準備のため、Partnerと図書館で軽く打ち合わせをしてからスタバへ直行しました。んでコーヒー一杯で粘って4時間くらい頑張った。

ま、そこまでは良かったのですが、その後は堕落の一方。。。とりあえずメールをチェックするついでにMSNにサインインしたのがいけなかった。いつも思うんだけどメッセは本当に本当に暇なときにしかサインインしてはいけません。アイセックですごく身にしみるほど思い知った教訓なのに。。。

とりあえず今まで面識のないアイセッカーに話しかけられた。彼はなんと今Virginiaにオレと同様短期留学中らしい。オレがアイセックでGlobal Villageというイベントを作り上げていた時にオンライン上で知り合ったKO生だったのですが、まさかこんなに近くにいるとは思わず、ちょっとおもしろかった。そのときこんなサイトを紹介してもらいました。Greeのアメリカの大学生版みたいな感じですね。米国に留学中の人は是非登録をしてオレを探してみてくださいな。

そのあとは日本の友達なり、こっちの友達なりとかなりたくさんの人と話して終了。。。特にAustralia人のNokという子がなんかDepressedだったみたいで愚痴を言い合っていました。。。

明日はもっと充実した日になりますように。でもTime Managementをしっかりするってかなり自己満足の部分が大きいですよね?そう思うのは俺だけでしょうか?一日終わって「今日は一日充実してたなー」と満足感を味わう。そんなことが生きがいになってしまっている今日この頃。。。ああなんかせつない。
[PR]

by kamakusa | 2004-11-17 15:22 | University Life
2004年 11月 16日

Toronto日記

11/12(Fri)
朝7時に起きて準備をして出発。Ann ArborにあるGreyhoundのバス停に向かいDetroitへ。相変わらずデトロイトは何もない。。。
デトロイトのバス停で少しだけ待って、トロント行きのバスに乗り換える。これが長かった。11時前に出発してトロントについたのが17時。6時間もバスに乗ってました。でも初めてのグレハンの旅ということもあって新鮮な気持ちを保てたのでそこまで辛くなかった。本を読んだり、お菓子食べたり、寝たりしてたらすぐ時間が去っていきました。
てなわけでトロントにやってまいりましたb0019470_6295444.jpg

トロントに到着した後は友達が通っているTrent大学にまたグレハンで行く予定だったのですが、次のバスまで二時間くらいあったから適当にトロントの町をぶらぶらする。バッグが重すぎてきつかったけど。
とりあえずToronto大学へ侵入してみることにした。

でもなんか暗くてイマイチどこに何があるのかよくわからん。。。さらにふらふらしてたら立派な建物に行き着く。後でここがOntarioのParliment(議事堂)だということがわかったのですが、その時点では何だかわからず、とりあえず写真に収めてみました。
b0019470_6301450.jpg

またグレハンのバスに乗ってPeterboroughという町へ旅立つ。一時間半くらいたつとやっと到着。クソ寒い中、友達が彼女の友達とともに(二人とも日本人ね)待ってくれてました。

そしてTrent大学の日本人主催のPartyに参加。日本人が住んでいるApartmentで開催されていたのですがなぜかみんなドレスアップしている。。。オレはめちゃくちゃ普段着で参加しましたが、なかなかきれいな女性陣が結構いて驚きました。そして彼女らの多くは外人の男のやつと付き合ってたりする。「日本人女性は外人にもてるけど日本人男性は全くもてない」というよく言われる法則はどうやら本当のようですNE。。。外人も結構いた。誰も知らなかったので最初はちょっと気まずかったけど酒を適当に飲んで適当にいろんな人とからんでみた。個人的にお気に入りだったのは中央大学を卒業してこっちでInternational Developmentを学んでいると言っていたヨシさん。あと今度東京に行って仕事を探す予定らしいロシア人(名前は忘れた)とからんだら東京に行ったら連絡をとりたいと言われ、とりあえずメアドを渡す。たぶん連絡来ないです。ほとんど話してないし。。。

いい感じで酔った後は友達のApartmentのリビングで一泊。てかApartment広すぎ。。。彼女は二人暮らしだったのですがそれでもベッドルーム二つ+1LDK。机とベッド以外のスペースがほとんどないMichiganの寮のことを考えると相当うらやましかったです。

11/13(Sat)
この日は一日トロント観光に費やすことに。オレの友達が台湾人の友達5人+日本人1人を誘ってくれて合計8人で行くことになりました。こんだけ大人数になることを予想していなかったけど、みんな話しやすくておもしろい人達だったのでよかった。

またグレハンに乗ってPeterborough→Torontoへ。Shopping組とSightseeing組に分かれることに。もちろんオレは後者。ま、何気にトロントは昔一回来たことがあるのでCN Towerとかは全然登る気なかったです。一番の目当てはなんといっても食べ物!というわけで分かれる前にまずは8人でChinatownで食事。NYやBostonのChinatownに比べるとなんだか清潔感にあふれていていました。
b0019470_6554965.jpg


台湾人のメンバーのうちの1人、Nicolasがトロントに来るときはいつもChinatownで食べると言うことだったので彼の行きつけの店に連れて行ってもらいました。へびのスープをTryしてみました。。。でもうまかった。たらふく食って1人10C$ちょい。やすっ!!

そのあとは友達と台湾人の女の子二人とトロント大学へ。キャンパスはこんな感じでした。
b0019470_70683.jpg

そしてこれが正門ですね。
b0019470_704513.jpg

Downtownに隣接しているので周りの環境を考えるとMichigan大学よりToronto大学の方が圧倒的にすばらしいことに気づきました。東大の交換留学ProgramではToronto大学も選択肢の一つとしてあったのでちょっぴり後悔したかもしれない。。。

トロント大学の後はSubwayに乗ってWaterfrontへ向かう。そこからToronto Islandまで出ている船に乗って、島とトロントの間を往復しました。シカゴのときと同じ感じで、船から見るトロントの夜景がかなりよかったです。

その後は再度Shopping組と合流してKorean Townへ。ここでもまた食べ物が最高にうまかったです。でも昼飯を食いすぎた&韓国料理の量もかなり多かったせいで超腹いっぱいになりました。

今回トロント観光をともにしてくれた6人(もう1人は写真に写るのを極度に嫌がっていて、この写真をとってくれました。後もう1人はこのとき別行動でした)。右からHow(つづりわからん)、マキちゃん、Nicolas、オレ、Jenny、友達のタカモリ。
b0019470_784620.jpg



その後はみんなTrentに帰るということだったので俺だけトロントに残って、みんなとお別れ。オレは1人でもう一泊トロントで過ごすつもりだったのでとりあえず宿を探しに夜の街に繰り出す。

でも歩きながらいろいろ考えていると、もう一泊することのメリットがあまりないことに気付き、夜中一時のグレハンのバスでAnn Arborに帰ることにしました。今回はかなり行き当たりばったりの旅行でしたがたまにはこういうのもありかな、と思いました。一人旅はなんだかんだいって本格的にやったことがないのでこれから積極的にトライしていきたいなーと思いました。
てか今週テスト一個、来週以降にプレゼン二つ。。。勉強しまっす(泣)
[PR]

by kamakusa | 2004-11-16 06:09 | Travel
2004年 11月 15日

In the face of what is called "Democracy"

この投稿は別に日記と関係ないです。ばたけやsatioたちの言っていることに関して。

戦争を防ぐことが重要だといっても、「アホな指導者たちが」それを意図していなければ(そして現在の国際政治の状況は実際そうなっていると思う)その実現は不可能に近いですよね。アメリカで政治を勉強していると「国益ってそもそも存在するのか?」ということを考えてしまう。だって現実においても、理論においても「一国の指導者はNational Welfareじゃなくて、Personal Welfareの実現を重視して政策を決定する」って風になってるんだもん。そしてそういった指導者達の政策がNational Welfareにかなっていなくても国民は「民主主義」という名の下で実施されているからと言って納得してしまう。

個人的にこれは非常に構造的な問題だと思うんですよね。要は「民主主義」というSystemの問題です。国民の大多数が国を代表する指導者を選んでその人に国の統治を委託する。これが果たしてNational Welfareを実現できる最善の方法なのか?という疑問が出てくると思います。たびたび引き合いにだしてしまって恐縮なんですが、Chomskyは「アメリカ(政府)がイラク戦争を遂行したのは国民の間のFearを増幅させ、テロとの戦争を正当化するためであった」と相当な自信を持って主張しています。

あと最近知ったんですがこんなPhraseも存在しております:
"Many forms of Government have been tried, and will be tried in this world of sin and woe. No one pretends that democracy is perfect or all-wise. Indeed, it has been said that democracy is the worst form of government except all those other forms that have been tried from time to time."
Sir Winston Churchill, Hansard, November 11, 1947

ま、こうした構造的な問題を打破するためには「アホな指導者を選んでしまった国民」がいかに行動を起すかにかかっているかと思うのですが。
[PR]

by kamakusa | 2004-11-15 09:08 | Personal Thoughts