Life in Ann Arbor, Michigan

lifeinmich.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2005年 01月 26日

One day before Montreal...

1/23-25
ここ数日はとにかく勉強をがりがりしていたような気がします。。。Montrealに行くことで授業が何個か出れなくなってしまうので、事前に提出しておかなければいけない課題があったからです。。。

そして先日紹介したB-SchoolのCorporate Strategyという授業ではグループプロジェクトが課されていて、最近定期的にグループMeetingが開催されるようになりまして、今週はそれで結構時間をとられた。ちなみにオレのグループは化粧品産業の分析。。。おい、なんだよそれ。ヨビチ一切ありません。。。女性陣とLorealのなんちゃらコンテストに参加したことのあるケイスケとかにも頼りつつ頑張って行きたいと思います。あとマレーシアの友達でLoreal社員の人が二人いた♪今度メールしてみようかな。

今回のプロジェクトではグループ全体で産業全体の分析結果を伝える他に、グループ内の各個人が産業内の企業一つについて発表することにもなっています。オレはCover Girlというかなり有名(らしい?)P&Gのブランドを担当することになりました。え、企業じゃないんですけど。。。この前突っ込めばよかった。。。とりあえず誰か情報持っている人いたらヘルプ!!

てなわけで月曜は夕方から第二回目のグループMeetingがあったのですが、プロジェクトのAction Planなるものを作成するのに三時間もかかりました。。。非常に非生産的な議論が展開されていたのでストレスがたまりまくりました。うーん、今学期の小さな目標のうちの一つは英語でDebateがもっとうまくできるようになることです。


そしてそんなわけで時間はあっという間に過ぎ去ってしまい、とうとう明日からMontreal出発となってしまいました。。。今日は会議中に着るスーツの下に着るワイシャツを買いに奔走したり、とうとうやってきた第二回目のHaircutの予約をしたりで大忙しでした。それにBhutan情報ほとんど調べていないんですが。。。しかも宿題まだ全部終わってない(泣)今学期は意外と余裕だと思っていましたがここに来て相当久しぶりにてんぱってきた。。。ま、Mですからたぶん平気です(笑)

明日は起きて洗濯などして、髪を切りにいって、授業を一つ受けて、帰って荷詰めして、夜7時にバスでAnn Arbor出発です。

ではではいってきまーす。会議中は最低二回くらいは前で発言したいのう。え、Bhutanは無理だって??
[PR]

by kamakusa | 2005-01-26 16:15 | University Life
2005年 01月 24日

Yakiniku Party!!

1/22
Today, I went to play basketball at the NCRB with Eugene as I did last week. It was really early in the morning but it really helps me start off the day feeling energized after the pick-up games. The bad thing about today was that it was snowing badly like hell,,, and I had to make the long way to NCRB from Oxford. But Eugene and I decided to go anyways. Today, I played about 3 full court games and a 2on2 game. My shooting touch is coming back, and I feel much better moving around after working out with weight machines recently at the CCRB.

BTW, I think Japanese basketball players have a pretty good chance of making a bigger contribution in basketball in the US, as Tabuse has shown us. I think that Asian ppl have much more quickness and playing accuracy in athletics, so I think that will give Japanese players the advantage in competing against all the big and slow guys in the US. I recently read in a magazine that there are 2 Japanese high school ballers playing here in the US now, who are stars on their team. I think they were brothers. Cool, huh?

Anyways, after enjoying the b-ball games I headed back to my room and started doing some of my homework. The homework for my accounting is so much time consuming since I have to all these calculations and write these balance sheets and spreadsheets by hand... But I think it will help me apply my knowledge of accounting.

Then from around 5:30, we headed to Edem's house to join a yakiniku party (!!) that was going to be held in Anastacia's house. A guy named Todd was coming to the party as well and he drove Keisuke, Edem, and I down to his house. Todd and Anastacia were ppl keisuke and I met when we attended this Japanese cultural event early this semester.

Anyways, we had a really cool party! Todd prepared us Yakiniku on a Teppan, which I had been missing so badly... Man, the food was nice. The reason it is so hard to do yakiniku in the states is cuz the butchers here don't have a darn clue how to slice the meat thin so that we can use it in yakiniku or shabushabu. Ppl here just like the big chunks of meat... No wonder they're all so fat! haha.

Well, the party was not just yakiniku. Of course we had tons of drinking going on as well♪So I just loaded myself with wine, sake, and cocktails. Unusually, I didn't have any beer, but the cocktails Anastacia and Todd made me were awesome! I enjoyed Rum coke with lime, Jäger with Red Bull, and Guiness with Vanilla Rum and Irish Creme (man, I forgot the names of the drinks, darn...)

Today, I was cautious not to lose my memory as I did last time, and successfully ended up being in just the right state of being drunk. I felt really good and it was so fun talking with all the ppl at the party. Below are some pics I took there. Edem was messed up (he didn't eat any yakiniku cuz he said he doesn't like them, can u believe it!?), so we stayed over Anastacia's house. Man, I want to have that kind of party again!!
b0019470_859453.jpg

b0019470_9056.jpg

[PR]

by kamakusa | 2005-01-24 08:59 | University Life
2005年 01月 24日

Seeing off Maureen & Squash tennis

1/21
(Continued from yesterday's entry)
I woke up around 6:35 and left Oxford with Keisuke, Nok, and Jenny in Jenny's car to pick up Maureen and Mai at 6:40... I barely made it... So well, Jenny took all of us to the Detroit Metropolitan Airport and we finally had to say good-bye to Maureen... I'm going to miss Maureen, since we always had such a fun time hanging out with her in the group. She was such a nice person. I've never seen her make any complaints before. But actually I didn't feel so sad because I had the sense inside me that somehow, we would meet up again. I'm sure we will, either in Australia, Japan, or anywhere else.

Maureenが読んでくれることを期待して途中まで英語にしましたが日本語に切り替えます。てなわけでMaureenを朝超早くから見送ったのですが、寮に戻ってからは眠すぎて仮眠をとりました。でもすぐ後に、日本語を習っている外人と日本語で会話をするイベントにいく予定があったので二時間くらいしか寝れず。。。実はEdemに誘われて、ミシガンで日本語を教えている先生が定期的に主催しているConversation Tableに行くことになったんです。ケイスケも一緒に行くことになりました。

East Quad という寮の一室に集まって日本語を習っている外人とベラベラ話したわけなんですが、いつも英語で話しかけている外人に対して日本語を話している自分がいてちょっと不思議に感じました。でも結構楽しかったし、日本に興味のある外人と新しく知り合えるいい機会なのでこれからもこのイベントにはちょくちょく顔を出そうかと思います。先学期からやっていればよかった。。。

その後はカフェでたまっていた宿題にとりかかるものの、眠くて集中力が持たずに、寮に帰還。気分をリフレッシュするためにケイスケとCCRBに行ってスカッシュをしてきました。最近よく二人でやるんですよね。でも今日は何試合もやったのにことごとく負けまくって気分は逆にStressfulになってしまった 笑。

テニスとかバドミントンとかラケットを使う種目は基本的に好きじゃないのですがスカッシュはおもろい。もっとケイスケと試合をしてうまくなりたいと思います。
[PR]

by kamakusa | 2005-01-24 08:30 | University Life
2005年 01月 24日

Good Bye Maureen

1/20
In order to increase the number of English speaking readers, I decided to write this blog more in English. I hope to make an update in English on every other entry (same goes for Japanese).

This day was Maureen's last day to be in Ann Arbor. So after classes (finished at 5:30pm, long and tiring day...), I joined Maureen, Nok, and Mai for dinner at Oxford. Man, I always get fed by them... It's become a habit for me to rely on them for food, haha. I thank them so much.

Then, we went to Pizza House (not Pizza Hut) which is located just down the street from Oxford to have kind of a chatting and eating session. Maureen invited all the ppl she wanted to talk to so we could have the last time together with her. It was a cool and fun time. Here's the pic we took there , everyone pointing at Maureen.
b0019470_844886.jpg


We also had a snow ball fight on our way to and back from Pizza House:) I fooled around like a little kid. We made snow angels as well. It might sound stupid and immature, but I've really come to the point where I can enjoy this occasional playing in the snow. I think it's a good way to stop thinking that having snow is a depressing thing here in snowy and darn cold Michigan.

After returning to Oxford, we messed up Nobu's hair with wax(see below pic) and then watched a Korean movie, My Sassy Girl(猟奇的な彼女). I was made fun of by Nobu and Keisuke when I said I didn't have a clue what 猟奇的 meant... I am made fun of as a "non-native Japanese" here in Michigan just as I used to be made fun of my friends back in Japan... Anyways, it was really late at night, but I was able to stay up and ended up liking the movie. The girl was a bitch and I felt so mad when she kept punching the guy, but it was really funny. Tomorrow, Jenny is taking us to see Maureen of at the airport at 6:30am!!

Chonmage Nobbie!!!
b0019470_8111355.jpg

[PR]

by kamakusa | 2005-01-24 08:03 | University Life
2005年 01月 20日

Presentation, Super Size Me, Snow Ball Fight

1/19
今日は授業が一個しかなかったのですが、例のPresentationの訓練のクラスで第一回目のPresentationをやる日だった。といってもPartnerの紹介(他己紹介)をクラスの前でやるだけなんですが。。。でもこのクラスは面白いことに、毎回自分のプレゼンがビデオで録画されることになります。。。それでそのビデオを持ち帰って、自分自身のプレゼンを見て、いかに改善できるか分析する。これ、なかなかいい訓練の仕方だと思います。

クラスメイトがほとんど院生ということもあって、この授業はみんな優しくて話しやすい人だらけ。ということでオレのPartnerもすごく優しい中国人男性で、プレゼン前日にわざわざ電話をかけてきてくれたから十分に準備をすることができた。

結果はというと・・・まーまーですかね。授業直後に自分のビデオを見てみたんですが、自分のプレゼンの姿を見ているのが不思議でたまりませんでした。。。自分が主観的にイメージしている「自分」と他人から見えている「自分」は全く違うんだなーと改めて認識させられました。確かに発音はこっちに来てから結構レベルアップしたなーと思いましたが、前に立ったときにジェスチャーが不足していたり、不自然に頭をふらふらさせていた。オレってじっとしていることが苦手なんですよね。。。


ま、それはいいとして、分析が終わってからは特にやることがなかったので(宿題とReadingは前日までに気合で終了させていた♪)図書館に行ってSuper Size MeをDVDで見ることにしました。日本では公開されたばかりですかね。MacDonaldのファーストフードがいかに体に悪いかを描いたドキュメンタリーです。

まず第一に「30日間マックを食い続ける」という自殺的行為に取り組んだ主人公を称えたいと思いました。それにアメリカで「肥満」がどれだけ問題なのかを改めて実感することができて、これまた勉強になりました。でも見る前から結論は見え見えですし、話題性という面で見るならともかく、純粋に映画を楽しみたいという人にはお勧めできないと思います。

この映画の中で僕が問題だなと思ったのは、ファーストフードを中心とした食品業者と教育機関との関係です。昔アメリカの小学校に通っていた身として納得はできたのですが、アメリカの多くの学校(小、中、高含む)のCafeteriaでは当然のごとくJunk Foodが売られています。有力な食品業者がずっと昔から多くの学校と深い関係を保ってきたから、提供される食品もそこの食品業者が調達してくるものに限られる。そして多くの学生が当然のものとして昼食をピザやハンバーガーにスナック菓子やチョコをセットにして済ませている。ひどいケースとしてはお菓子だけ、とかフレンチフライだけ、というケースもあるみたいで驚愕でした。。。「お前ら自分の体がどうなっても知らんのか?」と思わず突っ込みたくなると同時に憤りを感じました。食品教育の重要性を認識させられました。確かにジャンクは好きだが、こう見えても自分は一応それなりに健康に気を使っているつもりです。アメリカンには「お前らそんなにデブになる前に気づけよ!」と言いたい。ちなみにDetroitが全米で最もデブなCityらしいです。。。Ann Arborも危険かも。

そういえば、映画鑑賞中に急にカナダ人の友達から電話がかかってきてびびった。そいつは一年前にアイセックを通して日本で研修をしにきて、オレは日本で知り合ったのですが、今日オレに電話してきて、「日本の元研修先の企業から仕事のオファーがあったから3月頃に日本に行く」と伝えられました。非常にうれしかったです。日本に帰ったら再会できるのが楽しみです。


映画を見終わってからはたまたま図書館で会ったMaiとMaureenとともに飯を食いに行くことになって、うれしいことにJennyも参加してくれました。Jennyは韓国人とドイツ人のハーフの明るい子です。Blimpie Burgerといういかにもアメリカンな飯を済ませた後は、Maureenがもう金曜に去ってしまうということもあって、North Campusにあるでこぼこの地形をした名所的な場所(普段はそのでこぼこ地形のところでみんな走り回って遊んでいるらしいですが、今日はあいにく雪なので無理。。。)に行ってそこで雪合戦をしました(笑)。Jennyに顔を直撃されました。。。彼女非常に乱暴です。。。

その後はみんなJennyの超高級Audi車に乗せてもらって寮まで送ってもらいましたとさ。おい、Jennyかっちょえーよ。
[PR]

by kamakusa | 2005-01-20 14:35 | University Life
2005年 01月 20日

1/18
いいかげん寒いんじゃ!

この日は死にそうでした。。。今までミシガンの寒さについてあまり語ってこなかったのでここで改めて、この日のように寒気が襲ってくるときの一日がいかに寒いかについて説明申し上げたいと思います。

とりあえず数値で表すと:摂氏マイナス20度くらい。。。

これがどれだけ寒いかというと:

▼手袋と帽子を持たずに外出するのは自殺行為
手や耳を直接外の空気にさらしておける時間には制限があります。しばらくすると「寒い」という感覚が「痛い」という感覚に変わります。。。怖
実際秋頃まではサンダルを履いていたアメリカンたちもさすがに今の時期は8割がた帽子&手袋を装着しております。

▼歩いていると自然と顔がしかめっ面になる
ジャケットと手袋と帽子で装備をしてもまだ顔は無防備。。。目と口の部分だけにしか穴が空いていないクソださいニット帽(わかるよね?日本ではないかな?)をかぶらない限りはこれは避けられない問題です。もちろん顔も手や耳と同様にずっと外の空気にさらしていると痛くなってくるのですがこれは耐えるしかないんです。。。だから大体の人は外を歩いているとしかめっ面になる。

▼顔が真っ赤になり、時によって日焼けする。。。
外からIndoorの施設に入った直後に、トイレに行って鏡で自分の顔を見てみましょう。顔が真っ赤になってうんこみたいな顔をしていることが判明します。。。。表情を自由自在に操ることができないので不自然に引きつったりしています。雪が積もっている時は顔が真っ赤になるだけでなく、日焼けします。。。この前若干焼けて超痛かった。。。

▼ズボンがもう一レイヤー欲しくなる。
よく考えると上半身は結構厚着なのに下半身って結構限界があるから寒いんですよね。。。長い間歩くとももの当たりも痛くなってきます。。。


最近はこの顔の「痛さ」をいかに克服するか考えちゃったりしてます。この前トライしたのは・・・

後ろ向きで歩く

でもこれは風が自分に向かって吹いている時しか有効じゃないことに気がついた(アホ)
[PR]

by kamakusa | 2005-01-20 13:35 | University Life
2005年 01月 20日

Second half of 4-day weekend

1/16-17
日曜:
とりあえず起きて、雑用を終えて図書館に行って勉強開始。夜になって課題やReadingがひと段落したのでケイスケとFog of Warを借りて見ることにしました。この映画はRobert McNamaraというベトナム戦争時代の元米国防長官が人生で学んだ教訓について、語っていくドキュメンタリーでした。なにげにアカデミーで長編ドキュメンタリー賞を受賞しています。McNamaraは国防長官だけでなく、ハーバード大学院卒、フォード自動車の社長、世銀総裁、という超人的な経歴を備えていることを知りました。てかここまで偉大な人だとは思わなかった。

映画を見た感想としては・・・なんだかちょっと味気ないというか物足りなかった気がしました。確かにMcNamaraの人生経験に基づいて、「敵の身になって考えよ」とか「効率を重視せよ」といった教訓が描かれていくのは説得力があるのですが、McNamaraの語るスタンスが非常に中立的だったのでもっと彼の個人的な意見を押し出してほしかったな、と思いました。ま、ベトナム戦争時に意思決定の場の最先端にいた人物の話を聞けるということで勉強にはなったと思いますが。でもオレの中では印象度が超低いです。。。


月曜:
この日はMartin Luther King Day、通称MLK Day。朝から忙しかったです。
まずはプレゼンの訓練の授業で、MLK Day中に開催されている講演に参加して(この日はキング牧師や昔の公民権運動の盛り上がりにちなんでさまざまなイベントが開催されているのです)、講演者のプレゼン能力について分析しろ、というアホな課題があったので、朝早く起きて、Hill Auditoriumへ向かうことに。残念ながらこの日はクソ寒かった。ありえないくらい。マイナス15はいってただろうな。

講演者はかなりの大物だったのですがあまり面白くなかったのでここでは省略します。。。

講演後はMai, Maureen, Edem, Keisukeとともに映画館へ。そうです、また映画見ることになりました。今日見たのはAviator。デカプリオ主演で、ゴールデングローブ賞をとったらしい。オレは詳しくは知らなかったのですが、ケイスケの日記を見ればこの映画についてもっと知ることができます(手抜き)→こちら

三時間ほどに及ぶ長編でしたが、Howard Hughesなる人物について知ることができたし、内容もドラマチックだったので素直に楽しめました。個人的にディカプリオは好きではないのですが。。。ま、面白かったので許そう。日本で公開されるのはいつなんでしょうかね。結構お勧めです。

映画の後はケイスケとCCRBで筋トレをしてから、またいつもの面子でMongolian BBQで食いまくりました。Mongolian BBQについては前のエントリーを参照。

筋トレ→肉を食いまくってたんぱく質補給という健全な流れで食い放題を味わうことができたので満足でした。

てかもう4連休終わりかよ。。。
[PR]

by kamakusa | 2005-01-20 08:01 | University Life
2005年 01月 16日

First half of 4-day weekend

1/15
ご存知の通りオレは毎週金曜は休みなのですが、来週の月曜はMartin Luther King DayでNational Holidayなので今週はなんと4連休なんです♪

てことで金曜と土曜にやったことを列挙してみました。

金曜:
起きて洗濯やら宿題をやってダラダラする。

その後ケイスケとCCRBへ筋トレをしに。腕の筋肉がほぼなくなってしまっていることに気付き驚愕。。。

津波の犠牲者の追悼式をちょこっとだけ見学。こういうイベントって日本の大学じゃやらないですよね。てかやっても人来なさそう。日本人は薄情だ。

「セカチュー(世界の中心で愛を叫ぶ)」を初めて見た。JSA(Japan Student Association)とSSA(Singapore Student Association)の合同企画(6週連続の映画上映会)の一環として、今回は日本映画のセカチューが上映されるということで、ケイスケやNobuやEdemを誘って見にいくことにしました。留学する前に原作を手にして読む気まんまんだったのですが、結局忙しくて読む暇がなくて日本においてきたので、原作を読まないまま映画鑑賞ということになりました。彼女の方が病気で死んでしまうというちょっとありきたりな設定だったのが個人的にイマイチでしたが、「青春っていいなー」と素で思いました(おっさん)。。。あーいう純粋な恋愛っていいですよね。なんか憎めない感じで。ケイスケも同じようなことを言っていましたが、オレも高校の頃の恋愛を思い出して感傷に浸っていました。あー懐かしい。。。

その後はNobuとNobuの友達とともにビールとつまみを食いに店に入って無駄に時間を潰しました。


土曜:
朝早く起床して、香港人とともにバスケをしに。NCRBまで行って3対3と5対5をやりまくりました。あまりうまい人いなかったので適当に活躍してきました。やっぱバスケは楽しい♪昨日も運動したことを考えると二日連続で運動したことに。いい傾向です。健康万歳。

バスケの後はEugeneとともにTKWUへ遅めの中華ランチを食べに。オレはアメリカンスタイル中華ではすっかりお気に入りのGeneral Tao Chickenを注文。朝起きてから何も食べていない状態だったのでガン食いするつもりでした。しかもEugeneがオレに食わせてあげたいものがあるって言って二品頼んでくれたし。
結果:撃沈。。。質は非常に高くて素晴らしいのですが(たぶんAnn Arborでは一番うまい中華レストラン)、量がありえないくらい多い。。。でもランチだと6ドル出して、General Tao Chickenに加えてチャーハンとスープと春巻きがついてきて、おつりが返ってくるくらいなので超得した気分になりました♪今度また行きます。

寮に戻ったら既に夕方の5時。。。模擬国連のPaperを仕上げていると急に睡魔が襲ってきたので、珍しく仮眠をとることにしました。。。

普段は時間を無駄にしたくないがために仮眠や昼寝はできる限りしないことにしているのですが、今回ばかりは疲れすぎだからしょうがない。。。でも一時間くらい寝たらこのまま一日を無駄にするのが嫌になって、MaiやMaureen(現在アメリカ国内周遊中で一時的にMichiganに戻ってきているので再会できた)やRachelやNokにNew Orleans土産を渡すために(今更)からみにいきました。最近オレの中ではRachelがヒットしています。彼女は黒人のイギリス人交換留学生なのですが、めちゃくちゃ明るくて永遠に話しまくる。最近はオレのことを結構いじってくれるので、逆に彼女をからかったりしてます。それよりイギリス発音難すぎです。。。でも英語と違う表現とかを学べてすげーおもろい。てことで適当にだべりながらお菓子をぼりぼり食ったり、トランプしたりして時間が過ぎていきました。

ま、こんな感じです。明日はしっかり勉強して月曜はまた遊ぶ日に当てたいと思います。メリハリのある生活が一番楽しい。
[PR]

by kamakusa | 2005-01-16 16:53 | University Life
2005年 01月 14日

Difference Between Japanese and English

1/13
もうオレの一週間の授業が終わった。早すぎます。以前の投稿で大変な授業をたくさんとったと言いましたが実はそうでもないかもしれません。一つ一つの授業をこなしていくのは大変かもしれないけど全体で見るとそこまでではない。。。火、木が4コマ埋まっているだけで、月曜は2コマ、水曜はなんと1コマです。そして先学期と同様に金曜日はオフ。さらにさらに毎日授業が始まるのが朝10時以降♪これほど完璧にメリハリがあって過ごしやすいスケジュールを実現できたことに自分でもびっくりしています。勉強は大事だけど遊びも絶対大事。

それはされおき、今日はようやく模擬国連の情報収集に手をつけることにしました。というのもPositin Paperといって、(模擬)委員会で議論される各Topicに関して自分の国のとる基本スタンスを述べたレポートを今日までに作成しなければいけなかったからです。ご存知の通り、僕はケイスケとともに第三委員会のBhutan代表担当なのですが、夕方の6時頃に始めて二時間弱で完成させました。要領の悪い俺にとっては奇跡的に早かった。しかもオレはそれまでBhutan情報を一切理解していなかったのに。。。ま、ケイスケの素晴らしい情報検索能力のおかげもありますが。

もちろんそのPaperは英語で作成したのですが、今日はマッハスピードで英語をつらつらとタイピングしながら改めて英語と日本語の違いについてちょこっと思うことがありました(特にWritingとSpeakingに関して)。事前に断っておきますが僕は言語学者とかではなく、専門的なことを言っているわけではないので言語学の神様さんやチョム子さんあたりは厳しい突っ込みをしないでくださいね。


さて、オレが感じる大きな違いは「英語の方が、使う言葉や語順をうまくアレンジすることによって「飾り立て」ができ、それによって文の響きをかっこよくすることができる」ということだと思います。書き始めて、このことがいかに説明しづらいかがわかってきたのですが(爆)、なんとなくわかりませんか?

たぶんこういう違いが生まれる最大の原因は「英語には一つのことを表すために使用できる単語や語句が無数にある」点にあると思います。だからThesaurusなんてものが必要になってくるわけだし、それが日常的に使われている。日本にはThesaurusに代わるものがあるのだろうか?少なくともオレはそのようなものの存在を知らない。

だから英語では表現にVarietyを持たせることが可能だ。そしてそれがPresentationやレポートで効率的に使用されるとなんとなくかっこよく感じてしまう。普段の会話においてもこのことは成り立つと思う。

絶対もっといい例があるはずなのですが、今思いついた例を挙げてみると:友達に「忘れ物をした。待たなくてもいいから先に行ってて。」といわれたときにあなたが「いや、待ってるよ。」と言いたいシチュエーションがあるとします。こういうささいな場面でさえも英語にはいかにとりうる表現のバラエティーがあることか。
"No, I'll wait for you here",
"Nah, I'll just stay(stick, hangでもOK) around",
"Don't give a shit, I'll stay put",
"Hey, I'm not moving from here till you come back"
書こうと思えばもっともっと挙げることができますがホントいろいろありますよね。しかも"Don't worry, I have nothing to do today","Why should I leave you alone?","I know you don't want me to leave!",みたいに遠まわしの表現(最後の二つはちょっとくどいですが)がたくさん使えることも英語の便利な特徴ですね。

そこで上の例を日本語で考えてみる。
「いや、待ってるよ」、
「それはないよ、ここにいるよ」・・・
他にもバリエーションはあるかもしれませんが基本的に使われる動詞が著しく限定されていると思いませんか?オレは「待つ」と「いる」しか思いつかない。しかも日本語だと「なんで君を1人にさせないといけないの?」とか「君がオレに去って欲しくないことは知ってるんだよ」って遠回りな言い方を適用させようとするとなんとなくキモイ。。。英語ならそういう表現でも許せるのだ。

うーん。。。でもいい例ではない。もっと良いのないかな?でもポイントはわかりますよね?日本語の話を結構省略しているので論理的に成立する議論なのかははなはだ疑問ですが。。。

ま、最終的にオレの言いたかったことは・・・

「英語のほうが日本語より扱いやすいし、かっこよく自分の言いたいことを表現することができる」

ということでした。てことで卒論は英語で書くことに決めました!

それより卒論情報全く把握していないのですが国関の人誰かヘルプ。。。
[PR]

by kamakusa | 2005-01-14 16:24 | Personal Thoughts
2005年 01月 13日

あいうえお作文

ネタがないのでH田さんの日記の内容をぱくってみようかと思います。このサイトに行くと自分の名前であいうえお作文が自動的に作成されます。てことで早速オレもやってみた。


あ―愛にあふれてて
ま―まったりとした癒し系で
く―屈強で
さ―寒さには弱いけど
こ―恋が好きで
う―うっとりしちゃうスタイルで
へ―兵士のように勇敢で
い―淫行罪で逮捕されました

おい。。。落ちがおかしいぞ。

ま、「あまくさ」まではそこまで外れていないような気がするから許すとしよう。それ以降の部分は却下です。
[PR]

by kamakusa | 2005-01-13 16:04 | Junk