Life in Ann Arbor, Michigan

lifeinmich.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2005年 02月 25日

Midterm Over, Off to Istanbul!!

2/23
なんとかCorporate StrategyのTake Home Midtermをやり遂げました。昨日は図書館に夜中の二時まで引きこもり、今日はBusiness Schoolのラウンジで4時間くらいずっと問題と格闘し、やっと終了。4問しかなかったのですが、答案は合計8ページにもなった。。。てかロシアのアイスクリーム産業の分析の問題で結構おもしろかったです。確かに時間はかかったけど、内容的にはそこまで問題はないと思われます。最近確実にWriting能力が上がった気がします。

てことでこれでSpring Breakまでの大掛かりな課題は終了し、あとは一日授業受けてIstanbulに向かうだけ♪夜中にKeremとチャットしたのですが、俺が到着した日にPartyを開いてくれるらしく、既にJazz Barの予約をしてくれたらしい!!ますます楽しみになってきました。

でもなぜか微妙に風邪引いてしまいました。。。のどが痛ひ(泣)どおりで今週めちゃくちゃだるく感じたわけだ。慢性的な睡眠不足でしょうか。とにかく旅行直前にこんなことになってしまったのでかなり萎えてます。

といいつつ、明日はEdemとかとBarに行く約束をしているんですがね。誰かのどの痛みを一瞬で直せる秘訣を知っている人、教えてください!!
[PR]

by kamakusa | 2005-02-25 10:48 | University Life
2005年 02月 23日

Korean friend

2/21
I'm really busy with a take home exam for the corporate strategy course, so just a quick post.

Yesterday, I met with Han Youl, the Korean guy I met at Nobu's coop the other day. He wanted to attend the accounting lecture with me, so I let him sneak in just like I did with Yuki. After class he told me his plan for how he is trying to get into this university. He seemed to be really concerned about the tuition here, but I hope he can make it somehow in the end.

I also went to the Japanese conversation table again, met with Edem and was just fooling around not doing much. It's become a good time killing session on a boring Monday for me.

After the conversation table, I met with Han Youl again and this time, I showed him around Oxford and took him in my room. He apparently wanted to talk to Eugene, but since he was asleep, we set up another meeting on Wednesday so Han Youl could get some info about the B-school here in Michigan.

As for me, I will be free for Istanbul after I finish this tough take home exam. Wish me luck!!
[PR]

by kamakusa | 2005-02-23 18:14 | University Life
2005年 02月 22日

Wow, 焼酎!!!!

2/20
昨日の早朝古着屋ショッピング、サッカー大会、居酒屋・カラオケ飲み会というハードスケジュールにより相当疲れていたのか、この日は昼の1時くらいまで爆睡。起きてからは何もやることがなかったので、出かけようかと思いましたが窓から外を見ると久しぶりに雪が降りまくっていたので一瞬で外へ出る意欲がそがれました。。。

実はこの日、ミシガンのバスケの試合があったのですが、またもや行くことができずに終わりました。せっかくシーズンチケット買ったのに、最近あんま行けていないです。。。まースタメン選手の多くが怪我しまくっていた上に、エース選手がガールフレンドを窒息死させようと暴行を働かせてしまったので(!!)彼は罪に問われ、残りのシーズンの出場停止が決まったくらいですから、行く気がなくなるのも仕方ありません。とお金を無駄にしてしまっている自分を正当化してみようとする。でももったいないな。。。せっかく奨学金をもらっているんだし、こんな無駄な金の使い方はありえん。もっと反省しよう。

寮の部屋でだらだらしていると既に夕方になっていました。実は今日もまた夜にイベントがあったんです。Nobuの名古屋友達(大学のサークルつながりで結成された太鼓演奏グループに所属する方々)5人が土曜からNobuを訪れるためにミシガンに来ていて、彼らがNobuとともに名古屋の伝統芸能ちっくな太鼓と踊りのパフォーマンスを披露してくれるとのことだったのです。てことで早速Edem、Mai、Nokとともに会場のCoopにこの日も向かいました。ケイスケは前日のサッカーで捻挫をしてしまったうえに、かなりの課題の量を抱えていたので残念ながら来れませんでした。。。

演奏前は金曜に遊びに来たばかりのCoopの中をうろうろしてこれから演奏を控えているNobuを冷やかしておきました。でも会場にはCoopに住んでいる人がたくさん集まってきていて、みんな日本人による演奏を期待して待っていました。実際のパフォーマンスはというと・・・もう圧巻でした!!僕は和太鼓の演奏は見たことがあるのですが、この日の演奏はそれとは全然違っていて、太鼓以外にも笛の演奏が入ったり(笛はNobuの専門)、そして何より6人全員による息の合った踊りがすごくかっこよくて、普通に感動してしまいました。素晴らしかったです。
b0019470_11381221.jpg

                      「轟」のメンバー6人↑

この演奏を見て感じたこと。自分も楽器か踊り何でもいいからマスターできたらいいなーとますます思うようになった。そして今日のような形で実演形式で外人に文化を伝えることができるようになりたいなーと思った。日本文化も捨てたもんじゃないなーと。大学に入ってからいろんな外人と付き合ってきていつも思うんですが、日本人のくせして自分の国の文化について何も知らないことを自覚する時って本当に恥ずかしいですし。折り紙で鶴の作り方を覚えていなかったときとか、日本人の宗教観について英語でうまく説明できなかったときとかが典型的な例です。

それはともかく本当に今日は雪の中、Coopまで演奏を見に来てよかったなと思いました。しかもその後、この思いはさらに強くなりました。だってNobuが太鼓グループの友達とみんなで飲もうって提案してきんですもの♪金曜、土曜と連続で飲んで既にアル中の僕はすっかりテンションが上がって、気付いたら買出しのボランティアをしていました。。。暇だった上に、僕はこの日に開催されるNBAのオールスターゲームをテレビでどうしても見たかったので、どっちにしろNobuのCoopでしばらくくつろぐつもりだったのです。

てなわけでNobu、Nobuの友達5人、Jie Jie、その他Coopの住人達で飲み会@Coopのラウンジが開催されました。ただNobuの友達は時差ぼけと昨日からずっと演奏の練習をしてきた疲れによりかなりぐったりしていました。ちょっとかわいそうでしたがとりあえずみんなでわいわい騒いで、オールスターゲームを見ながら楽しい時間を過ごしました。さらにさらにうれしかったのは、Nobuの友達が地元から焼酎を持ってきてくれて、それをガン飲みできたということ♪本日二回目の感動体験で、遊びまくりの週末を締めくくる最高のひと時でした(アル中)。

結局最後まで残っていたのがNobu、Jie Jie、オレ、ドイツ人のWilkeの4人。太鼓演奏軍団は全員KOされていました。一方でJie Jieと彼女の友達が二人とも途中で相当ばぐってしまい、かなりおもしろかったです。てかJie Jieかわいい。。。ま、でもJie JieはNobuと★※!◆♪らしいので潔く手を引きます(笑)。
[PR]

by kamakusa | 2005-02-22 16:36 | University Life
2005年 02月 21日

Same people but somehow different...

2/19
Today, I woke up early in the morning to go shopping for second hand clothes (古着) with Keisuke and Seiko. First we went to a store called Kiwanis. Kiwanis is only open on Saturdays from 9am to Noon. Doesn't that sound weird, open only once a week? They sell not only second hand clothes but also books, furniture, toys, electronics, and much much more. It was my second time at Kiwanis but I didn't buy anything there this time around.

After Kiwanis, we headed to another second hand shop on Jackson Rd. Seiko really liked shopping for second hand clothes and she wanted to show us the place. It was a much bigger place compared with Kiwanis, and they had much more clothes. Even though the sizes were mostly too big for me, I somehow found some items I liked. Bought a sweater, two shirts, a t-shirt, and a leather belt for a total of $13. Wow, really cheap:)

After shopping, Keisuke, Seiko, and I had lunch together at a American breakfast restaurant. I had a very typical American breakfast and it was enough to satisfy me for the afternoon. It was really enjoyable spending Saturday morning shopping for clothes with two ppl who are very fond with art. Seiko is a visiting scholar who has been studying art for most of her career and Keisuke has a mini-major(?) in Art and has work experience in designing magazines. I had a good time listening to them talking about art.

After shopping, I spend some time back in my dorm and then headed out soon after to go to a city called Novi to participate in an indoor soccer tournament with ppl from the JSA (Japanese Student Association). It was a tournament played between the JSA's in 4 universities in Michigan: JSA of University of Michigan, JSA of Michigan State University, JSA of Western Michigan University, and JSA of Eastern Michigan University. Actually, this was the first time I was involved as a member in a JSA event. I've been to their movie events but I had not participated as a member of the JSA before.

So we got a ride from one of the JSA members and reached the city of Novi in about half an hour. Novi was said to be a city where many Japanese ppl lived so they had a real big Japanese grocery. We stopped by at that grocery on the way but we didn't buy anything since we didn't have time.

Anyways, we arrived at an indoor soccer facility, which seemed to be a hockey arena that was reconstructed. I was surprised by how big the place was; they had about 5 soccer fields which were all considerably huge. I would say bigger than a futsal court. Members in the JSA of the 4 universities had gathered at the facility. Most of the ppl there were Japanese and it felt kind of weird to be in an environment where Japanese ppl were the majority.

We began the tournament and ended up playing 4 games in total, each game with 15 minute halves. It was really exhausting... To make it brief, the team of University of Michigan almost got close to becoming the champions but we lost our final game to Michigan State, so we were second place... It seems simple just writing what happened but I felt such a regret after losing the last game against State 3-2 cuz I was the goalie who lost the last 2points in the last 2 minutes of the game... Damn... Why was I appointed goalie in such a crucial time period in the game (we were tied 1-1)... Well I can blame a lot of things for giving up the last 2 goals but let's face it, I suck at soccer...

Just a briefing on my personal statistics: 2 goals given up (as goalie), 1 own goal..., and maybe about 2 assists. Horrible playing on this day. I knew I was bad at soccer, but my play today made me feel really bad...

Well, but I guess I had a good time as well getting to know all the ppl from JSA whom I hadn't talked to at all except Koichi, who used to be friends with my senpai, Kazu-san when he was in Michigan. But one thing I noticed was that most of the ppl in this event were living in the US since they were little and had much more experience in American schools than I had. They seemed "Americanized" in many aspects and I couldn't really approach them all as a "real Japanese".

Anyways, after the tournament, which ended surprisingly past 11pm at night, many members from the 4 universities went to a Japanese "Izakaya" called Sanpei. I was so excited cuz I hadn't been to a Izakaya since I left Japan and I had heard that they had Karaoke there, which I had been missing so badly. I wanted to see if the Izakaya really was the same thing as the one in Japan, but it turned out that it was some how a bit different from the ones in Japan. It seemed the same, but maybe it just didn't feel the same since it wasn't in Japan.

As soon as we the Nomikai started and we had some Otsumami and tons of beer, the students started screaming on the Karaoke... I was kind of intimidated by this cuz they started singing "Linda Linda" in the beginning... And they were jumping up and down like crazy. Wow, excuse me please.... You're not supposed to do that! In Japan, it is kind of like an implicit rule not to sing the "very upbeat" songs till the end of the Karaoke session, but the "Americanized" Japanese ppl here just broke that rule... Moreover, after Linda Linda, this really queer guy started singing Utada Hikaru's "Automatic". WOW, EXCUSE ME AGAIN, but how the hell can you do that??? From that point on, I didn't feel like singing in front... Actually I was really motivated to sing on the Karaoke when we arrived but once ppl started screaming on the microphone and dancing up in front, I just lost everything I had to keep me motivated. That was not Karaoke, it was a hybrid type of Karaoke which I did not feel like following....

All I wanted to do was sing like I used to do back in Japan. Just be relaxed in the beginning singing songs that you really wanted to sing, and then exploding with up-beat songs in the end. I guess things do not go that way here in the US. Well, at least I enjoyed the beer cuz they had a huge glass mug which you would never see in Japan. I was drunk as hell, but some how did not have the feeling to talk with a lot of ppl that day.. I think I have a inferiority complex that makes me not feel like talking to ppl who I meet for the first time, or to ppl who seem to be more of an "asobi-nin" (ppl who hang out playing around more than they study).

Bottom point: I was really really drunk but didn't feel so well cuz of my bad performance as a soccer player and cuz of not being able to socialize with many ppl at the Nomikai... Felt pretty bad after the Nomikai... Sh*t......
[PR]

by kamakusa | 2005-02-21 15:55 | University Life
2005年 02月 19日

What a fun day!

2/18
今日は予想に反して、素晴らしく楽しい一日だったので忘れてしまわないうちに書きとどめておきます。

まず昼に起きて(ここは突っ込まないで下さい。。。)日本食レストランでNobu、Mai、Nok、Rachelとランチ。ちなみに最近毎週通い詰めているSushi.comeとは違うところで、Totoroというところです。天丼を食ったんですがまじうまかったです。スシドットコムに行き過ぎて本当の日本食の味覚が失われかけていました。。。

その後は本当に暇でたまらなかったので、Nobuが住んでいるNorth CampusにあるCo-opまで遊びに行きました。Coopとは住んでいる学生自身の共同・協力によって運営されている家のことを言います。掃除、食事の準備、入居契約の締結などなど、全て住んでいる学生同士が行います。

ま、ともかくお邪魔したのは二回目だったのですが、Coopにまじ住みたいと思いました(前から思っていましたが)。まず食い物、飲み物がいくらでももらえる点がおいしいです。ジュース、カップめん、お茶、マフィン、ベーグル、などなど共同の冷蔵庫に保存してあっていつでもHelp yourself的な状況です。また、卓球台、ビリヤード台、大型テレビのあるラウンジ、などがあってくつろげる空間がいたるところにあるのも素晴らしき。

Coopに到着してからはまずNobuと卓球勝負。しかし、あっさり負けてしまいました。。。てか練習中にNobu超下手だったのに本番になると急にうまくなるし(言い訳)。東大の御殿下で仲のいい後輩と何度も特訓してたのになー。。。

その後はStudy Roomでネット使ったり、テレビ見ながら勉強したり(さりげなく頑張っています)していたら夕食の時間に。夕食はCoopのご飯をただで頂いてきました♪Coopでは毎日食事を準備する担当者が決まっているらしく、夕食の時間になると学生食堂みたいな状況になって、みんな作ってある料理を勝手にトレイやお皿に盛っていきます。今日食ったのはスピナッチパイみたいなものとサラダとクソ甘いケーキ。まーめちゃうまいまでは行かなかったものの、Acceptableな味でした。

そしてハンニャという韓国人がからんできたので、彼と話しこみました。彼はなんとミシガンの学生ではなく、ミシガンへの入学を検討中で「下見」のためだけに一時的にCoopに滞在しているのだとか。延世大学でBusinessを専攻していて、Transferを考えているとのこと。そしてその後の会話で判明したのですが、彼は既に兵役二年間を服したので、オレより二つ上で、学年は一つ下でした。自然と話が進んですっかり彼とは仲良くなりました。

それ以外に、Coopでは前回の飲み会にいたJie Jieやフリーザにも会えて、さらにSimonともう一人台湾人の女の子とも話しました。夕食後はJie Jie、フリーザ、Nobu、ハンニャ、Simonとともにセントラルキャンパスに戻ってシンガポール映画の鑑賞会に参加。I not Stupidという作品を見ました。この映画は最初は単なるコメディー映画なんだと思っていたら、実は同時にシンガポールの社会問題を風刺している部分もあってかなり面白かったです。シンガポールの競争社会のあり方、教育事情、言語的アイデンティティ、など多岐の問題に渡って色々考えさせられました。Jie Jieによるとこの映画はシンガポール政府までが言及して支持を表明していたとのこと。

映画を見終わった後はフリーザの提案によりGood Time Charliesというミシガンの学生がよくたまるバー兼レストランでビールをガン飲みしに行きました。そこではまず映画を見た反響からか、みんなで各国の教育事情について語り合いました。日本、韓国、シンガポール、ドイツとかなり国際色豊かなグループだったので、超楽しかったです。その後はハンニャが兵役の話を持ち上げたので、それについても話しました。ドイツもシンガポールも韓国もみんな兵役義務があって、唯一それを免れている日本出身のオレは複雑な気分でした。とりあえず自衛隊と日米安保といった超基本的なことを説明しておいたけど。

よく考えると、俺はこういう知的好奇心をそそるような会話をいろんな国の若者と話すのをめちゃくちゃEnjoyする人なのですが、実はミシガンに来てから、あまりそういった機会に恵まれてこなかったような気がしてちょっと切なくなりました。そもそも周りに国際関係論を専攻している人、あるいはあらゆる政治・経済・社会問題に興味がある人が少ないのが問題かも。EmreやDenizとはかなり議論する機会はあったけど、それ以外はさっぱし。もう一ヶ月ちょいしかないのに、これに関しては帰ってからちょっと後悔しそうです。。。今までアイセックで出会った研修生とかアフリカの国際会議で会った人たちといろいろ話してすごくいい経験をしてきたのに、ミシガンではそういうことができていない。残りの留学期間中にいかにそういった議論の機会を作るか、これからの課題になりそうです。

しばらく議論していると、ビールを消費しすぎてみんな結構疲れてきていたみたいだったので解散になりました。今日会ったCoopの人たちはまた日曜に会う予定なので、これからまた楽しみです。

たぶんCoopで住むとさっき挙げたみたいな良いことがたくさんありますが、やはり最大のメリットはいろんな人と交流する機会がある、ということだと思います。寮と違って、日々みんなで協力し合って生活している仲だからそれをきっかけにつながりができるんだろうなーと思った。

結論:Coopに住みたい。。。
[PR]

by kamakusa | 2005-02-19 16:18 | University Life
2005年 02月 19日

Freedom for the weekend

2/17
As spring break is approaching within a week, everyone is starting to get busy with midterms and papers before the break. I see ppl around me sacrificing this weekend to stay inside and not go out. But for me, somehow this seems not to be the case...

I only have one midterm next week and that is a take home exam, so I don't really have that much incentive to prepare for it. Moreover, I have already finished all my assignments currently on hand in advance. I've finished everything I need to do up to Thursday next week. So I have no work to do till the take home exam which will be distributed on Tuesday! Hurray!

Yo, I 'm gonna enjoy this weekend!
[PR]

by kamakusa | 2005-02-19 15:13 | University Life
2005年 02月 19日

Oh that's why...

先日書いた日本のバレンタイン文化の不思議が解けました。なんで日本では女が一方的に、そしてかつチョコをあげるのか?理三の某K林H彰君のblogからネタぱくります。勝手にすいませぬが。。。

「日本で最初にバレンタインとチョコレートを結びつけたのはメリーチョコレート。昭和33年、現社長、原 邦生(昭和10年12月東京 生まれ)が、ふとした『誤解』からキャンペーンを始める。当時パリ在住の先輩の商社マンから1枚の絵葉書をもらった。
 『ヨーロッパではバレンタインデーという風習があり、花やカード、チョコレートをプレゼントして、愛の告白をする』と書かれていた。これを『チョコレート中心』と誤解した原社長は、アルバイトの身ながら即行動に移した。ハート型の板チョコを製造し、東京・新宿の伊勢丹に持ち込んだが、3日間で、3枚、売上で170円であり惨憺たる結果だった。しかし、懲りずに翌年もはチョコに工夫を凝らし、女性が年に一度だけ男性に愛の告白をできる日という意義づけを強調した。やがて女性週刊誌なども特集を組み、バレンタイデーは浸透し始める。以後、ニッパチ月で百貨店もセールの目玉がなかったこと、行動を起こし始めた女性の心理をとらえたこと、言葉で表現するのが苦手で代わりに贈り物を好む日本人の性格などが重なり、今や年間で最もチョコレートの売れる国民的行事になっている。」


そもそものバレンタインの起源のことやその他詳しく知りたい人はこちら
[PR]

by kamakusa | 2005-02-19 14:14 | Junk
2005年 02月 18日

Some thoughts...

2/16
I chatted with my senior (senpai) on this day over MSN. He's a guy who works at the Ministry of Finance in the Japanese government (Zaimusho) and is studying in Cambridge University now. I got to know him through AIESEC and I am so greatful to have such a senpai with high ambition and great intelligence. Anyways, while I was chatting with him, there were a couple of words from him that I thought would be worth jotting down here to keep in mind.

- "if you dont have any speciality, and graduate from uni and work in some intl environment...would be disastrous"

- "its your life, you take any risk which you want to do"

(Surprisingly enough, we chatted in English, haha. Kind of weird but I got used to speaking in English with Japanese ppl now...)

Though these two things seem to contradict each other, it seems like they constitute the ways I think my future will lead on. Still haven't articulated it or processed it enough to draw any type of conclusion but I think I'll just keep it here, so I can keep thinking about it.
[PR]

by kamakusa | 2005-02-18 16:02 | Personal Thoughts
2005年 02月 18日

St. Valentine's Day

2/14
なんか他の人のblog見てると結構書いているから一応。2月14日はご存知の通り、バレンタインデイでした。そしてさらにご存知の方もいると思いますが、日本とアメリカを比べるとこの日の文化的な位置づけはかなり異なります。

つまり日本では、女⇒男という一方的なやりとりしか存在しないのに対して、アメリカでは男⇔女という双方向のやりとりが存在します。しかもさらに付け加えると、やり取りが行われる媒体として、日本ではチョコが大多数でありますが、アメリカではチョコはどちらかというと少数派であり、花束などいろんな贈り物のやりとりがある(そうです)。てか個人的にはこれは日本とアメリカとの差異に限らず、日本と外国の差異というところまで一般化できるのではないかと思っているのですが、実際のところはどうなんでしょう?女の子がチョコをあげるという風習が9割がた支配している国なんて日本くらいしかないような気がするのですが。反例があったらどなたかご報告願います。

それはともかく、アメリカでは少なくとも上に書いたような習慣が成り立っている。オレがアメリカに住んでいたときも、男女問わず、クラス全員でカードやキャンディーを交換しあったことをよく覚えています。でもさすがにそのときは小学生だったので、今のオレくらいの年齢の若者(二十歳前後)がどのようにバレンタインを認識し、どのように過ごしているかはよくわかっていませんでした。

てことで実際どうなのかというと。。。なんかいまいちよくつかめませんでした。。。この日はミシガン大生がいかにバレンタインを過ごすのかという調査を実行しようとたくらんでいたのですが。みんなテストで忙しいらしく、図書館とかカフェで勉強しまくっていました(=オレが図書館とカフェにしか行っていないという証拠。。)。こいつらあんま気にしてないんだ、という気がした(当然デートしてる人は外出しているはずなんですが、主観で判断)。

でも大学内で発行している新聞をちらっと読んでいると、「Valentine Dayはこうやって女の子にいい印象を与えろ」的な記事が多く、どちらかというと日本と全く逆の構図が成り立っている感じでした。小学校の頃はアメリカ&中高は日本、というDualな経歴を持つ自分としては実はどちらの文化にもなじめないでいるような気がします。つまり日本の風習に従えばいいのか、あるいはアメリカ的な風習に従えばいいのか、どっちつかずでいる自分がいる。ま、従うことなんかせずに、興味がなかったらシカトしていればいいんですが、どうも周りの環境の動きがあると気にせずにはいられません。。。

まー日本に住んでいる時間の方が長いので、結局この日は日本的な自分になりすますことにし、いつも通り過ごしました。

実はこの日はニコマ目の授業でプレゼンだったので、前日はほとんど寝ずに、寮の地下室で練習しまくっていました。その授業はAcademic Speachという名のInternational Student(ほとんど院生)用のクラスで、英語でのPresentationの訓練をすることを目的としています。オレは自分の専門領域の国際関係論に関係して「Powerとは何か」について10分ほど話しました。てかプレゼンってむずいです。。。ただでさえ、人の前に出て話すのがうまくないのに(そういやAIESECの関係で大人数の前で話しているときに、現在SONY勤務の先輩にバッシングされた経験がある。。。)、学業の専門分野に関して、それを英語でやるとなるとさらに大変。。。この授業では毎回自分のプレゼンが録画され、その録画テープを後で見て自分のプレゼン能力の分析・評価を行います。既に3回目だったので慣れてきましたが、さすがにまだ改善の余地があります。でも一応先生には結構誉められているので一安心。

この日はこの授業で最後だったので、プレゼンをし終えた後は前日までのレポート&プレゼン準備のラッシュのせいで疲労感たっぷり。。。でも久しぶりに自由の身になれたので突然人とからみたくなって、最近通い詰めている日本語のConversation Tableやらというものに参加してきました。このConversation Tableというのはこっちで日本語を学んでいる学生が定期的に集まって、日本人の先生の指導の下に、ご飯やお菓子を食いながら日本語を話す、という会です。実はEdemに誘われて行き始めたのですが、来年AIKOMでミシガンから来るJessicaと会えたし、先生の佐藤さんも結構おもしろいので最近微妙にはまりだしています。この日Edemと話したいがために行ったのですが、オレが着いた頃には既にいなかった。。。でもとりあえず数人いたので、その人らと適当に日本語で会話をした。

その後はなぜかNokからカフェでMaiとかとともにHang outしないか、という呼び出しをくらい、暇つぶし的なノリで誘いに乗ったのですが、行ってみるとNokしかいないじゃないか。。。Maiは突然来れなくなったとのこと。結局何もやることがなかったので二人でスタバにてダラダラだべった後に、一人まだ飯を食っていなかったオレの自己中な案によりTKWUで飯を食うことになりました。んで一応アメリカのバレンタインに従う形でNokにスープ一杯(笑)おごってやったさ。。。ちなみにNokはケイスケ&オレにハート型のメモ立て(?)をくれました。バレンタイン唯一の収穫なだけに感謝です。てかすまん、ケイスケ、預かっているんだが渡すのすっかり忘れてた。。。

結果的にアメリカ式&日本式のバレンタインを両方体験できたっぽい(おごった&何かもらった)ですが、なんとなくすごく微妙なValentineだった印象があります。。。
[PR]

by kamakusa | 2005-02-18 10:42 | University Life
2005年 02月 17日

Drinking Coffee is good!

I just found an interesting article on the website.
Japanese version

Basically, it says that coffee helps to prevent liver cancer. According to a research conducted by Japanese experts, they found that if you drink 5 cups a day, it reduces the incidence to a quarter of that for ppl who don't drink at all.

Wow, as a big coffee drinker (well, only since I've been to Michigan cuz it helps me stay awake when I need to do work, and because the price is much cheaper compared to the premium priced Japanese cafe coffees,,,), I had an impression that drinking too much was bad since coffee had a lot of caffein. At least, it doesn't taste so healthy... But now, I feel kind of relieved to hear that drinking coffee actually does good to you. Just looking back this week, I have been drinking at least a cup a day... Well, I might not be able to make 5 cups, since drinking too much doesn't do your stomach any good, but maybe I won't be having any liver cancer if I keep up this pace for now.

Speaking of coffee, I've actually been involved with studying about coffee in a couple of my classes, what a coincidence. First of all in my corporate strategy course, I have studied a case on Starbucks. We looked into the specialty coffee (retail) industry and examined the strategy of Starbucks. It was really interesting to see how Starbucks has dominated the industry by providing a "coffee experience" for customers. Well, I shouldn't go into the details...

I have also written a paper just this last weekend about the commodity of coffee. I wrote about how international trade of the commodity has developed and how it has effected the societies of developing countries. It was quite depressing to hear how the recent decrease in coffee prices has brought about a dramatic inequity between the farmers and the international firms based in developed countries...



Shoot, I was just gonna write about the article on liver cancer, but ended up saying a whole thing about these stuff on coffee... Well I guess I'm pretty bored...
[PR]

by kamakusa | 2005-02-17 08:49 | Personal Thoughts