Life in Ann Arbor, Michigan

lifeinmich.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 14日

My twin bro. (双子の兄)

Yesterday, when I showed a picture of my twin brother to Ayako, Ken, and Kozue, they seemed to be quite impressed, so I just thought I'd use this idea to post on my blog.

Just a quick background about my bro: he goes to the same university as me and plays football (not soccer but american football), and our birth time differs by 20 minutes. The most important point is that the two of us are not identical (二卵性です) but seem to look alike.
Maybe most of the ppl in Todai have seen him, but I will reveal his picture for those of you who have never seen him (without his permission,,, sorry bro..)! The picture is from his recent trip to Italy and Greece.

So just take a look and tell me what you think. Do we look alike??
[PR]

# by kamakusa | 2005-04-14 05:40 | Junk
2005年 04月 13日

Japan and China

最近中国で反日デモがすごく活性化しているみたいだ。Indianaに行っていたから月曜日に友達(satioくん)に言われるまで気付かなかったけどニュースを見る限りではかなり大きな事態になっている。satioもチャットで話していたのだけど、日本にとっては非常に深刻な問題だと思う。上海での日本人留学生暴行事件などもあったみたいで、個人的にはオレと同じ東大の学科から上海に留学中の友達のことが心配だ。

ニュースによると今回の反日ムードの広がりは歴史教科書の問題がきっかけになっているみたいだけど、両国の「歴史の問題」といえるほど単純なものではないように思える。あんまり知識がないから大したことは言えないけど、個人的には両国ともに非があると思う。

まず中国市民は感情的になりすぎ。今回ニュースを見て知ったんだけど北京のデモなどではお祭騒ぎ的なノリで参加する人がほとんどだったらしい。それに核心的な問題は「歴史の認識の仕方」にあるはずなのに、それを「日本全体への敵対心」に変換して日本製品不買運動とか日本料理屋を攻撃するのは理不尽すぎる。中国政府自体も「政府には責任がない」みたいなことを明確に言い放っていて、デモや学生運動を黙認している。確かに市民の意見や行動を尊重するのが民主主義で、歴史的に市民への統制が強いことで知られている中国としてはこれだけ市民の行動を放置しているのは珍しいことだといえるだろうけど、他の人が傷ついたり被害にあってしまうような行動を認めるのは明らかに間違っている。特に日本大使館が攻撃にあっている問題は、中国が接受国としての義務を果たしていなくて国際法違反であるともいえる。

韓国も同様だけど、中国は歴史問題を一つの政治的カードとして利用して、他のIssueと無理やりリンクさせて日本にプレッシャーをかけてくる傾向があると思う。例えば今回は、中国側が「日本が歴史問題にしっかり向き合わない限りは日本の常任理事国入りを支持しない」なんてことを言っているみたいだ。てか常任理事国入りは別問題だろ?もう少し筋の通った外交を心がけて欲しいものですね。

逆に日本も南京大虐殺などのsensitiveなissueについて事実確認を怠らず、認めるべき事実は認めて中国に対してそれなりに気遣いを見せるべきだと思う。日本がただ単に謝れば済む問題ではないし、事実に背を向けて知らんぷりをしていては一向に問題が解決しないだろう。過去に起こったことだから実際に起きたことの証拠を集めるのはそう簡単ではないはずだけど、日中で共同の研究グループを立ち上げるなどして両国が納得できるような歴史認識に到達する努力を怠ってはいけないと思う。日中の歴史についてはあんま勉強したことがない自分がこんなこと言っていいのかって思われるかもしれないけど(てか日本の歴史をあんま勉強した覚えがない。。。)、日中間に考えの違いが存在するのは確かなので、ともかく認識の一致に向けてまずは政治的な局面で解決を目指すべきだと思う。

今日、天津に留学しているまた別の友達(おかじゃん)とチャットしたのだけど、彼女によると、現地では日本はかなり弱い立場にあるという印象があるらしい。オレは普段から右でも左でもない中立的な立場を保持しているつもりだけど、この反日デモの広がりは政治的なpositionに関係なく、日本の威信にかけて放置できない問題だと思う。日中間で友好関係を保つことは、(中国の成長ペースを考えると)経済的にも、(最近の日本の常任理事国入り問題を考えると)政治的にも日本にとって(そしてもちろん中国にとっても)メリットがあるはず。一刻も早く今回の事態の沈静化を目指すべきだ。アメリカを中心とした第三国による仲介も重要だけど、ともかく今は日中両国の政治的手腕が問われているような気がする。
[PR]

# by kamakusa | 2005-04-13 12:02 | Personal Thoughts
2005年 04月 12日

Count down to departure

4/11
b0019470_2123784.jpg週末はまた木、金、土と三日連続で飲みました 笑
木曜はケイスケとタミナと部屋飲み、金曜は聖子とNokとAshleysでビールをガン飲みしました。土日はJSAの関係で片道5時間半くらいかけてIndiana大学まで行って、日本人同士のサッカー大会に参加してきました。移動にめちゃ時間がかかるし、日本人だらけだし、日曜にB-SchoolのFinal Projectのミーティングもあったから当初はあんま乗り気じゃなかったのですが、ユウジの押しに負けて結局行くことになった。。。でもまーサッカー大会では運良く2ゴールもあげることができたし、夜の懇親会は大規模な合コン大会みたいになって(個人的にこれは微妙だったけど。。。)、その後ミシガンのメンバーと一緒に話したり飲むことができて、結構楽しかったです。でも二日間で6時間しか寝なかったし、Ann Arborに帰ってきてからは荷物持ったまま直接B-SchoolのMeetingに参加して、帰宅したときには超疲労困憊でした。
b0019470_2134963.jpg



そんなわけで授業は残すところあと5日しかないことに気付きました。。。(オレは週に3日しか授業がなくて、来週の水曜に平常授業が終わるので)残りはテスト期間。オレはテスト二個とレポート一個しかないから比較的楽だと思われる。

そしてAnn Arbor出発まではあと20日!!

ともかくこれからは一日一日の時間を大事にして一分たりとも無駄にしないように努めたいと思います。
[PR]

# by kamakusa | 2005-04-12 00:22 | University Life
2005年 04月 08日

Reasons I don't want to go back to Todai...(3)

4/6-7
Just got back from a series of sleepy classes, haven't been sleeping that much these days, maybe I can explain the reason:

So how many more days left do I have here? I just counted on my calendar and it turned out just to be Michael Jordan's jersey number.... (not 45 though, haha). But my departure day is getting closer and closer. I actually don't want to think of it that much at all, but the fact that I don't have much time left unconsciously keeps bothering me at the back of my head...

Yesterday was another fulfilling day. First I decided to go out to the CCRB again to shoot some hoops. I don't know why, but I think my love for basketball has deepened recently.

Went to the b-school afterwards, just to chill in the lounge and study, had some servings of free pizza as always (haha, that is not the reason I stay in the lounge but you get free food almost every two days there, why not take the advantage??). Then ayako invited me over to have some maki-zushi (?) at her coop so since I didn't have that much stuff to do, went over, helped out the coop ppl make sushi and received my compensation for helping out, which was a full Japanese dinner, わーい. After playing catch with the baseball-frenzy ayako (I love playing catch btw, an influence from my good friends back in Japan), then headed off to the b-school again,,, for a group meeting.

Today, I decided to speak a lot more than usual in the meeting since I had some opinions that I really wanted to stress out. I pretty much feel that I have become accustomed to discussing with the other b-school seniors at an equal level, I don't think my opinions are any inferior to the other ppl in my group. Am I too overconfident? But I just feel that way.

Got back stressed from too much discussion (ぶっちゃけかなり不毛な議論だった) around 10pm, and was thinking of going to sleep early since I was tired, but Will called me up and asked me to play some ball outside. I told myself, "why not?" and decided to head out to play in the oxford outdoor court (crappy and bended hoop though,,,)

Played a few games with Will and his roommate Simon, then after Simon left, Will and I just randomly started chatting about a whole range of stuff (while shooting out at the same time....). We talked about Will's home country Taiwan, traveling in Southeast Asia, classes we were taking, alcohol issues, smoking and weed, etc... Though he is still 19, Will is one of the few ppl I can speak without any resistance at all, he is just so cool and I think we get along really well. I think we were chatting for at least an hour and a half, until our RA Matthew came and stopped us since our dribbling sound seemd to be bothering some ppl in our house.....

Today, I was almost late for my corporate strategy class for the first time since I went to bed around 4:30 last night, but managed to make it on time. After two classes in the b-school, I had a chance meet up with Miyako, the only Japanese BBA student enrolled here in the michigan b-school. It was really cool talking with her, since I had been looking forward ever since I got here to talk to any japanese person seeking a business major. Even though my major is different, I am interested in business and might consider to earn an MBA in the future. I've seen a lot of Japanese MBA students around in the b-school, but I've only had a chance to talk to Koji-san, so I was happy that I got to talk to miyako about academic life as a BBA student and about her future plans.

After I got home, Eugene made me a whole Chinese dinner, fried dumplings (gyoza) and ra-men!! It was sooooo good♪ He is such a cool room mate. And from now, I'm gonna head out with Keisuke to see Tamina's concert for the Glee club. I heard they're gonna show a comedy(?), and we can drink too (yes!!), so I am really looking forward to it!

It's hard to sum up what I want to say here, but the bottom line is: I'm having so much fun these days, and I think I just started getting the hang of meeting new friends and talking with them. I just don't feel like leaving now... I need at least one more month. That is why I feel like sleeping is just a waste of time these days...
[PR]

# by kamakusa | 2005-04-08 07:52 | University Life
2005年 04月 07日

お知らせ

先週の日曜からSummer Timeになったので日本とは13時間の差になりました。日本からこっち(ミシガン)の時間を計算したい場合、現在時刻から1時間引いてAMとPMを逆転させるだけです。

Summerといえばここ二日間続けてAnn Arborは20度を越える晴天の日になっております。9割がたの人が夏服。オレも思わずめちゃくちゃテンションあがっています。あと、今日寮の建物周辺を歩いていたら、ビキニ美女二人がレジャーシートを敷いてうつぶせになって日焼けをしながら勉強しているのを目撃しました。コンクリート地面の上で。。。実はこっちに来てから結構良く見かける光景です。

でも改めてみるとやっぱ変。。。ここは海辺でもプールサイドでもねーんだよ!しかも勉強してーなら服を着ろ!
[PR]

# by kamakusa | 2005-04-07 01:46 | Junk
2005年 04月 05日

Reasons I don't want to go back to Todai...(2)

b0019470_12584779.jpgApril Foolの投稿では骨折したとかほざきましたが、黒人のおっさんと1 on 1をしたという話までは本当です。最近金曜の早朝バスケを習慣にしようと思っているのですが、前回はオレとそのおっさんしかコートにいなくて、向こうが急に1 on 1を挑んできた。でもそのおっさんは年をとっていたからめちゃくちゃ動きが遅くて話にならなかった。。。シュートはうまかったけど。とりあえず二本とも勝利しておきました。いくら年をくっているからといって挑まれた勝負事に負ける気はありません。

それにしても朝から運動すると気分爽快!一日を最高な気分でスタートオフできて、やる気がみなぎってきます。これから帰国まで毎週続けようかと思います。今度からはEugeneやケイスケやWillなどを誘おうかな。

さて、ここから察するに、寮から徒歩圏内にCCRBのような素晴らしい運動施設があること自体、なかなか恵まれていることだと思います。さらに関連させて、「徒歩圏内」といえば、毎日通っている大学のキャンパスももちろん徒歩圏内。オレの住んでいる寮は他の寮に比べたらわりと遠めだけど、バスを使えば5分以内でDiagというキャンパスの中心部まで行くことができるし、歩いても15分かからないくらい。

何を言いたいかというと、どこにでも徒歩で行けるということが本当にうれしいということ。これを説明するためにオレの日本での大学生活と比較してみましょう。ご存知の通り、オレは千葉県柏市住まいでありまして、高校以来ずーっと一時間半ほどの電車通学を経験してきました。大学と家の間を往復するのに一日に三時間かけている計算になる。でもミシガンでは一日に大学と寮の間を歩く時間が30分あるかないくらい。この差、つまり二時間半の通学時間の差がどういう意味合いを持っているのか考えて見ましょう。当然、この二時間半はオレが自由に使える時間です。二時間半もあれば教科書3チャプターは軽く読み終わるし、十分な昼寝もとることができるし、友達とBarで飲みに行くのにも適した長さだと思います。高校、大学を通してオレは電車の中で勉強したり読書をする習慣を身に付けたので、日本での通学時間は完全な無駄とはいえないにしろ、やはり自分がいかにその時間を自由に使えるかという観点から考えると明らかにミシガンとの二時間半の差はでかいです。

一日二時間半が一週間でどれだけの差に膨れ上がるかを計算すると(平日5日間)、ミシガンでの生活のほうが日本での生活と比べて12.5時間浮くことになります。答えは自明ですね。一週間に12.5時間もかけてフラストレーションがたまる東京の満員電車に揺られて読書をするのと、同じ時間をかけて自分の思うとおりに自由に行動ができることの差は非常に大きいと思います。当然ミシガンにいたほうが時間を有効に使うことができる。初めての一人暮らしといえど、こっちに来てから生活にやたら余裕を感じてしまったのはきっとこの通学時間の差から来るものなのでしょう。てかオレが中高6年間でどれだけ時間を無駄にしていたのかを今さらながら考えるとかなりへこみます。。。

それに日本ではいつもいつも「終電」という制約に屈しなければいけないのがすごく辛い。飲み会でいくら楽しい時間が過ごせていようと、友達の家に泊まらない限りは終電を逃すわけにはいかない。それに対してこっちでは終電なんて存在しない。夜中の2時や3時まで友達の家で遊んでいようと、カフェで勉強していようと、決して漫画喫茶にいって始発を待つなんてことはしなくていい。

結論を言うとこっちでの生活のほうがはるかに「自由」に感じる。

日本に帰ったら一人暮らしすりゃーいいじゃん、って突っ込まれるかと思いますが親の事情とか東京の地価を考えるとそう簡単にはいかないわけで、やはりミシガンで生活しているほうが楽です。
[PR]

# by kamakusa | 2005-04-05 09:10 | Personal Thoughts
2005年 04月 04日

Returned home from an all-nighter...

なぜか昨日から今日にかけてオールしました。。。しかも日本人のグループと。。。朝になって帰るときにへこむ感覚を久々に味わっています。

April Fool is over now, so I just wanted to make a quick post so that ppl won't keep thinking I got a fracture.


Well well, then, good night! zzzzz (it is right now 10:30am.....a nice sunny sunday morning and i'm wasting my opportunity to go out...)
[PR]

# by kamakusa | 2005-04-04 00:07 | Junk
2005年 04月 02日

Accident...

やべー。。。今日、先週と同じように早朝バスケをしにCCRBまで行って来たんですが、急に1 on 1を挑んできた黒人のおっさんと真剣勝負をしていたら事件がおきてしまいました。

相手がシュートを打った後にリバウンドをとろうとボールを追いかけて、ジャンプして着地したら、思いっきり黒人のおっさんの足の上にオレの右足がのっかって、ひどい形で足首をひねってしまった。。。おっさんがいろいろ心配してくれて氷をとってきてくれて、普通の捻挫だと思ってしばらく足首を冷やしていたのですが、痛みが一向に止まらなくて我慢できなくなったので思い切っておっさんにお願いして病院に連れて行ってもらうことに。。。

診断結果:骨折。。。。。全治三週間。。。


しばらく松葉杖生活が続きそうです。あーあと一ヶ月しか残ってないのに最悪!!!まじで今すぐ泣きたい。てか文字通り今半泣きしています。。。

心の奥から思いっきり叫びたいので、今日の1 on 1のおっさんに対する愚痴をもっと聞きたい人は以下参照。

More
[PR]

# by kamakusa | 2005-04-02 09:45 | Personal Thoughts
2005年 04月 02日

Reasons I don't want to go back to Todai...

3/31
いよいよ残すところあとちょうど一ヶ月。今まではほとんど日記っぽくなっていましたが、これからは今回の留学中に学んだこと、感じたことを少しずつここにまとめて整理していこうと思う(たぶん)。当分はこっちと日本の大学生活の違いに焦点を当てようかと。

今日一日のオレの行動を振り返るだけでもこっちの大学(ミシガン大)と日本の大学(東大)違いが浮き彫りになるような気がする。

■朝9時起床、B-SchoolのCorporate Strategyの授業に出る。
→この授業は先生が常に生徒の意見を求めてくるので、Discussion重視の全員参加型という感じ。50人くらいいるのにですよ。さすがにBusiness Majorではないオレはこれだけの大人数の中ではあまり発言できないのですが、この授業は受けるだけで刺激になる。とりあえず何もかもが日本で受けるような授業と違う。教室の設備はPowerpoint Presentationをやるのに適していたり(天井にProjector完備、照明も随時調整可能)Discussionがしやすい配置になっているし、生徒は皆ばんばん発言して鋭いポイントを指摘するし、教材が最強だし(HBSのものがほとんど)、一時間半中身がすごくつまった授業となっている。教科書の内容は日本で学んだ経営とほとんど同じだけど、こっちの授業は具体的なケースを分析することが中心となっているから断然おもしろい。

■B-Schoolのラウンジでくつろいで次のAccountingの授業まで30分待機。
→こういった何気ない時間もやはり日本の大学との違いを多いに感じる。まずラウンジには無線Lanが通っているので俺はいつも自分のノーパソを持ち込んでメールチェックやネットのニュースをチェックしている。あるいは大学が発行している新聞とかもおいてあるのでそれを読んで時間をつぶすことも可能。さらにおいしいことに、B-Schoolのラウンジではスタバのコーヒーが1ドルで買えたりベーゲルが50セントだったりするので、朝飯を家で食べられなかったときは一コマ目が終わった直後に腹ごしらえもできる。授業の合間のたったの30分といえどこれだ時間を有効活用できるから素晴らしいとしかいいようがない。

■Accountingの授業を受ける。

■次の授業ではDiscussionのリーダーとなっているのでレジュメ、資料などを印刷して最終的な情報収集をしてDiscussioonの準備をする。
→ここでは図書館の無線LAN、プリンターといった設備にお世話になる。とりあえずどこにいっても座って勉強ができる場所があるのがうれしい。

■Global InterdependenceのDiscussionの授業でリーダーを務める。
→またまたインタラクティブ型の授業。こちらは二年生の学生が多く、個人的には少し物足りないのですが、その分自分が思うように意見を言えるので実は結構訓練になる。ケイスケも含め今日は4人でDiscussionのリーダーをやることになり、今日はクラス全体を4つに分けて4人のリーダーが各グループのDiscussionをFacilitateすることに。オレはGlobal Consumer Cultureというトピックを担当していたけど、内容がおもしろかったためかなかなかうまく行ったと思う。何度も思うけど、どの授業でも自分の意見を自由に発することができる機会が多い。

■英語の授業は今日は休み。その代わり先生とのIndividual Meetingがある。
→先生と来週までの課題となっているEssayについて話し合う。自分が考えたアウトラインを提出して、先生がそれに対してフィードバックをくれた。文章の構造とともにコンテンツに関して非常に有用なアドバイスをくれ、そのおかげでEssayを書き始める体制は万全。こういった先生とのインタラクションの機会が十分にあることも日本の大学と違うと思う。確かに東大でも自分次第でいくらでも先生に質問をしにいけるけど、今日のMeetingなんかは授業の一環として組み込まれているので自分から質問をしにいくのが苦手な人にとってもすごく役に立つシステムだと思う。

■B-Schoolに戻ってCorporate StrategyのGroup ProjectのMeeting。(Presentationが近づいているので産業分析と企業分析のコンテンツ詰め)
→今日は分担していた作業を全体でまとめあげて、みんなが担当して書いてきた文章に不備がないかみんなで突っ込み合うことに。オレは企業分析がどうしても制限ページ数内に収められなくて困っていたのですが、グループメンバーの適切な指摘によりなんとか改善することができました。ここでもやはり学生同士のインタラクションがかなりある。しかも50人もいるいつもの授業とは違って小グループなので自分の言いたいことが思う存分言える。メンバーがみんな良い人なのでこんなオレでも自分の意見を言いたい放題です。しかもここですごく感じたのは、日本の大学では学生同士のMeetingというのがあんまり(というかほとんど)ないということ。こういったMeetingでは自分が思っていることを発信して、それに対して自分と同じ身分である他の学生がフィードバックをくれるということがとても良い機会だと思います。先生のフィードバックほどは頼りにならないけど、一方的な意見ではなくいろんな学生から対等なインプットをもらえるのでさまざまな視点から物事を考える訓練になると思う。

■夜10時半帰宅

本当に全然違うと思いませんか?「学問」というと、教科書を読んだり、授業を受けたり、テスト勉強をしたりと「インプット」の側面がイメージされがちだと思いますが(少なくともオレはそう)、こっちの大学では明らかに自分の意見を言ったりする「アウトプット」の側面がかなり重視されている。しかも「アウトプット」するだけでなく、それに対する他人(先生、学生)からのフィードバックを得ることができる。その結果「アウトプット」同士がぶつかりあって、それによってさらに自分の学びを高めることができる。毎日毎日「インプット」ばかりに終始しているような勉強方法は鬱になるだけだけど、「アウトプット」の機会を増やして他の人とのインタラクションがあると勉強が本当に楽しいと感じる。これこそ本当の「学問」なんじゃないでしょうか?

結論は、絶対にこっちの大学の方が勉強する環境が整っていてAcademic lifeが充実しているということ。That is why I don't want to go back to Todai...
[PR]

# by kamakusa | 2005-04-02 01:38 | Personal Thoughts
2005年 03月 31日

Arrival date determined!!(帰国日決定!!)

The date when I will come back to Japan has been determined so I would like to make an announcement.

I will be arrive in Narita on...

May 17th (5月17日) @4:45pm

I just wanted to let everyone know. Please be prepared to hold some "welcome back parties" for me, hehe.
[PR]

# by kamakusa | 2005-03-31 16:47 | Travel